注目ワード算数・九九の9の段 海賊・劇場未公開シーン放出 DVD・発売 鈴木砂羽・土下座 二宮和也・長澤まさみ 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

自民ベテラン議員「安倍氏参拝で中韓批判ムード吹き飛んだ」

NEWSポストセブン1月14日(火)7時0分

 安倍晋三首相は靖国神社参拝に対する中韓の反発は承知の上だったはずだ。しかし、かつての「連合国」を全部敵に回すことになるとまでは考えていなかったのではないか。電撃参拝の当日(昨年12月26日)、真っ向から冷や水を浴びせたのは中国ではなく、在日米国大使館だった。ただちに「米国政府は失望している」という声明を発表したのだ。それを皮切りに、米国務省、ロシア、EU(欧州連合)が次々に非難声明を出した。


 これまで歴代首相の靖国参拝を批判したことがなかった米国、EUを含めて、米英仏露中という、まさにかつての第二次大戦における連合国(そして現在の国連常任理事国)が、安倍参拝批判で足並みを揃えるという異例の事態だった。狡猾なロシアは1月下旬から始まる北方領土交渉でも、首相の靖国参拝を口実に「北方領土占領の正当性」を主張する方針だという。


 安倍首相は、対中国、対韓国に毅然とした態度を示したつもりが、見事に揚げ足をとられ、「連合国」による安倍包囲網を敷かれたのである。自民党内からは安倍政権の外交判断を疑問視する声が上がっている。


「国際社会では、中国の防空識別圏や韓国の朴槿恵大統領の告げ口外交に批判が強まっていた。ところが、安倍総理の靖国参拝はせっかくの中韓批判ムードを吹き飛ばしてしまった。結果的に最悪のタイミングだった」(自民党ベテラン議員)


 果たして、官邸は本当にこうなることを予測できなかったのか。少なくとも米国の反応については事前に情報を得ていたはずなのだ。


 というのも、実は、安倍首相は今回の参拝に先立つ昨年11月下旬、側近の衛藤晟一・首相補佐官をひそかに米国に派遣し、靖国神社を参拝した場合の米国政府の反応を探らせた。ルース前駐日大使などから、歴史認識に対する忠告を受けており、米国の反応を相当気にしていたからだ。結果は、案の定、米国は参拝に否定的だったという。


「衛藤さんは米国の政府関係者や知日派のシンクタンクの専門家らと会談したが、その中には、はっきり『やめた方がいい』という忠告があった。衛藤さんは帰国してそれを総理や菅義偉・官房長官に報告している。だから菅さんは時期尚早と参拝に反対した」(自民党幹部)と打ち明ける。


 衛藤氏は「米国には北朝鮮情勢についての調査に行った。靖国については公式には何もしていない」と言葉を濁したが、首相は米国からの反発をある程度承知の上で、あえて参拝を決断したということだ。だが、アメリカの反発は想像以上で、菅長官らは慌てふためいている。


※週刊ポスト2014年1月24日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「参拝」「議員」「安倍晋三」「靖国神社」の関連トピックス

「自民ベテラン議員「安倍氏参拝で中韓批判ムード吹き飛んだ」」の関連ニュース

注目ニュース
鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変 女性自身9月20日(水)6時0分
「人道的に彼女の人格や尊厳をメチャクチャにするような、そういった罵声を浴びせた事実はございません」9月13日、演出・主演舞台『結婚の条件』…[ 記事全文 ]
二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度 messy9月19日(火)23時0分
9月14日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、映画『散歩する侵略者』のPRとして主演の長澤まさみ(30)が登場し、過去に交際報道のあった二…[ 記事全文 ]
ふなっしー、地元回帰で駅のアナウンスを担当するも冷ややかな船橋市民 週刊女性PRIME9月20日(水)4時0分
青果店には梨が並ぶ季節になったけど、あの“梨の妖精”を近ごろ見かけない……。「“梨汁ブシャー!”のふなっしーですね。千葉県船橋市の非公認キ…[ 記事全文 ]
B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」 J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳で…[ 記事全文 ]
市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!? アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
6月に妻の小林麻央さんを乳がんで失った市川海老蔵を巡って、麻央さんの実姉であるフリーアナの小林麻耶との再婚が取りざたされている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 ふなっしー、地元回帰で駅のアナウンスを担当するも冷ややかな船橋市民週刊女性PRIME9月20日(水)4時0分
2 二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度messy9月19日(火)23時0分
3 鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変女性自身9月20日(水)6時0分
4 B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
5 稲垣、草なぎ、香取がSNS開設を前向きに検討日刊スポーツ9月20日(水)5時0分
6 市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!?アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
7 市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係まいじつ9月12日(火)10時30分
8 山下達郎、ライブ中の「客の合唱」は迷惑 「あなたの歌を聴きに来ているのではない」J-CASTニュース9月19日(火)15時7分
9 山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」モデルプレス9月19日(火)19時23分
10 香川照之「当時、私の息子が数字に興味を…」 「半沢直樹」の名ぜりふはアドリブだったエンタメOVO9月19日(火)14時25分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア