BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

飲食店の禁煙案に石破茂氏「みんなやめちゃえは知恵がない」

NEWSポストセブン1月14日(土)16時0分
画像:受動喫煙防止の規制強化には慎重論も根強い(石破茂衆院議員)
写真を拡大
受動喫煙防止の規制強化には慎重論も根強い(石破茂衆院議員)

 厚生労働省が「罰則付き」の規制強化を進めようとしている受動喫煙防止対策。非喫煙者が他人のたばこの煙を吸い込んでしまう機会をなくそうと、学校や病院など公的施設内は全面禁煙。そして飲食店やホテルなどのサービス業にも、喫煙専用ルームの設置以外は禁煙を義務付けるというものだ。


 違反した場合には、施設管理者だけでなく喫煙者本人にも罰則を科すという案が「たたき台」として昨年持ち上がったのだが、これに「選択の余地がない一律規制には断固反対!」と業界団体が決起した。


 1月12日に開かれた《受動喫煙防止強化に対する緊急集会》。大小さまざまな飲食店やホテルが属する業界団体のほか、理容・美容・興行・公衆浴場など16業種が連携した団体の代表が、政府に見直しを求める意見を表明。


「分煙先進国ニッポンとして進めていかなくては。“1億総活躍”とうたっていて、廃業に追い込まれるような人たちを増やすのはどうなのか」(大森利夫・全国生活衛生同業組合中央会理事長)という声を皮切りに、「細かいところまで配慮した法体系を」と訴えた。


「飲食店によっては、お客様の大半が喫煙者ということも少なくない。業界としても分煙の徹底やステッカーを店頭に貼るなどさまざまな受動喫煙防止対策を講じてきた。日本人は多様性を重んじる国民性を持っている。これまでの取り組みを徹底することにより、たばこを吸う方も吸わない方にも十二分にご理解いただいているものと思っている」(森川進・全国飲食業生活衛生同業組合連合会会長)


「公共施設と、自分の嗜好に合わせた施設を選択することができる飲食店に、同質性の高い規制をかけるのは相応しくない。全部禁煙にしてしまえばいいという乱暴な意見もあるが、日本は分煙が進んでいる国。各店舗がお客様のニーズや提供するサービスを考えた結果、自律的に生まれてきたのが分煙スタイル。これをもっと進めていくことが日本において必要なアプローチではないか」(菊地唯夫・日本フードサービス協会会長)


 各団体の代表が共通して口にしたのが、「多様性」だ。もちろん、喫煙ルームの設置には、店の規模によってスペースの確保や導入費用の負担など現実的に困難なところも多い。だが、それ以前に、喫煙環境を含めた店側のサービススタイルと客の嗜好性によって成り立ってきた飲食業界の多様性、いってみれば魅力が今回の規制案によって失われてしまうとの危機感が強い。


 そうした懸念は、新たな法案づくりを審議する立場の国会議員も持っている。昨年12月に行われた自民党の厚生労働部会では、「嗜好品にそこまで規制をかけるのはどうか」と、法案化に慎重な姿勢を見せる議員が相次いだという。


 今回の緊急集会でも、自民党の穴見陽一氏や公明党の上田勇氏など与党の衆院議員が、それぞれ受動喫煙防止対策の重要性を強調しながらも、規制強化のあり方については、「現実に寄り添った形で」「ケース・バイ・ケースで柔軟に」と熟考を促す。


「喫煙者の自由権に目を向けた場合、あまりにもバランスを欠いたものなのではないか」(穴見氏)


「個人店舗の経営に支障をきたすことのないように、十分に考えていかなくてはならない」(上田氏)


 そして、遅れて駆けつけた自民党の石破茂議員は、歴代総理大臣が嗜んだたばこの銘柄や、自身も長年の愛煙家であることを打ち明けたうえで、こんな持論を述べた。


「(喫煙室設置など)現実的な議論をしていると、『経済的負担をみなさんにお願いするよりも、全面禁煙にしたほうがラクじゃないですか』となる。


 でも一番のポイントは、皆がそれぞれ持っている楽しみや価値観を、いかに他人に迷惑をかけることなく実現できるか。これが知恵の出しどころなのであって、『みんなやめちゃえ』というのは、そんなに知恵のある人のいうことではありません」


 会場となった都内の会議施設は、加盟店舗の経営者ら約550人で立ち見がでるほどの熱気に包まれ、「サービス業に対し、一律に『原則建物内禁煙』を課すことなく、これまで取り組んできた業界の自主的な取り組みについて、一層の理解と支援と賛同を求める」との決議を採択した。


 すでに14府県の地方自治体でも、事業者の経営の圧迫を懸念した請願書が提出されているが、塩崎恭久厚労大臣は1月13日の会見で、〈受動喫煙のない社会に向けて必要な準備を行なうということで、ご理解をいただきたい〉と話し、あくまでも1月20日に召集される通常国会に、法案提出をゴリ押しする構えを見せた。


 公的施設にもサービス業施設にも一律の規制をもうけようとしたことから、強い反発があがっている受動喫煙防止の強化案。このままでは、それぞれが行ってきた分煙対策などの自助努力が台無しになりかねない。

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
禁煙のまとめ写真 飲食店のまとめ写真 石破茂のまとめ写真 知恵のまとめ写真
注目ニュース
安室奈美恵と紅白歌合戦にある深い「遺恨」 まいじつ9月26日(火)21時0分
(C)まいじつ歌手の安室奈美恵が来年のデビュー記念日である9月16日をもって引退する。[ 記事全文 ]
藤原紀香「スマホ水没事件」告白で急浮上する“あのCMに寄せた”疑惑! アサ芸プラス9月26日(火)9時59分
女優の藤原紀香がスマートフォンを水没させてしたまったことを明かしたのは9月12日付のブログでのこと。[ 記事全文 ]
元SMAP稲垣、草なぎ、香取 新サイトにあった4カ月前の布石 女性自身9月26日(火)0時0分
《信じて待ってて良かった》そんなSMAPファンたちからの“感動の声”がネットに溢れている——。[ 記事全文 ]
ざわちんが無断転載パクリ投稿で炎上「パクリと拾い画像の違いがわからない」!? 謎の言い訳連発で呆れ messy9月26日(火)20時20分
9月18日、ものまねメイクでお馴染みのざわちん(25)が、自身のブログに他人が撮影した画像を無断転載したため大炎上している。[ 記事全文 ]
大谷翔平、メジャー移籍濃厚 日ハムはなぜアッサリ手放すのか 文春オンライン9月26日(火)7時0分
12日の勝利でプロ通算40勝目©共同通信社日本ハム・大谷翔平選手(23)が投手として今季初勝利を挙げた翌13日。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 安室奈美恵と紅白歌合戦にある深い「遺恨」まいじつ9月26日(火)21時0分
2 藤原紀香「スマホ水没事件」告白で急浮上する“あのCMに寄せた”疑惑!アサ芸プラス9月26日(火)9時59分
3 ざわちんが無断転載パクリ投稿で炎上「パクリと拾い画像の違いがわからない」!? 謎の言い訳連発で呆れmessy9月26日(火)20時20分
4 元SMAP稲垣、草なぎ、香取 新サイトにあった4カ月前の布石女性自身9月26日(火)0時0分
5 山瀬まみ、両足骨折で入院「やっちゃいました。ごめんなさい」オリコン9月26日(火)15時43分
6 大谷翔平、メジャー移籍濃厚 日ハムはなぜアッサリ手放すのか文春オンライン9月26日(火)7時0分
7 浅田真央、好みのタイプを聞かれ「イケメンがいい!」!ロッチ、銀シャリ撃沈RBB TODAY9月26日(火)12時53分
8 「出演に名乗り」チャン・グンソク、菊池亜美、品川祐... 元SMAP「72時間テレビ」に続々J-CASTニュース9月26日(火)13時47分
9 山本耕史、堀北真希さんとの“交際0日婚”の真意「全てを投げ捨てても…」結婚生活・子育てを語るモデルプレス9月26日(火)14時4分
10 タモリ、主催するヨットレースは「サングラス」必須で内田恭子もタモリ化週刊女性PRIME9月26日(火)17時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア