変わる金髪美女のイメージ 2000年代では強い女性の象徴に

1月14日(日)16時0分 NEWSポストセブン

「氷の微笑」で話題を集めたシャロン・ストーン(AFLO)

写真を拡大

 今から60年以上前、銀幕を通じて輸入されたグラマラスでエロティックな欧米の金髪(=パツキン)女優に日本の男たちは魅了された。マリリン・モンローがその代表格だが、一方で「金髪=頭が悪い」というイメージが持たれていたのも事実だ。


 そんなパツキン女優の偏見は、IQ163といわれるジェーン・マンスフィールドの登場で覆された。そして偏見打破を決定的にしたのは、1992年『氷の微笑』に主演したシャロン・ストーンだった。映画評論家・秋本鉄次氏はこう話す。


「“強くて、エロくて、賢い”という3拍子揃った悪女役で女性の支持を得て、“支配されるパツキン”から“支配するパツキン”へとパツキンのイメージを一変させました」


 2000年代に入ると、さらにパツキン女優の定義が変容していった。役柄のために金髪にする女優の登場は、大きな転換点といえる。


「同じ2000年に、『60セカンズ』でつなぎを着た自動車整備工に挑んだアンジェリーナ・ジョリーや、『マレーナ』でナチスドイツに迎合した悲劇のヒロインを演じたモニカ・ベルッチは、黒髪をあえて金髪にしました。自らの意志でパツキン女優の扉を開いたのです」


 2人の特徴は、精力的な社会活動だった。ジョリーは2001年から国連難民高等弁務官事務所の親善大使を務め、ベルッチは人工授精を規制する法律に抗議するため雑誌の表紙に妊婦姿で登場した。


「パツキン女優は今、強い女性のシンボルになりました。マーゴット・ロビーは『ターザン:REBORN』(2016年)で野性味のある行動的な女性を演じ、シャーリーズ・セロンは『アトミック・ブロンド』(2017年)で女スパイに扮して喝采を浴びました」


 様々に変化してきたパツキン女優は、これからも永遠の憧れとして輝き続けるに違いない。


【シャロン・ストーン】

 1958年生まれ。子供の頃のIQは154。1980年にウディ・アレン監督の『スターダスト・メモリー』で映画デビュー。34歳の1992年『氷の微笑』での妖艶な演技が評判を呼び、一躍スターダムに。1993年『硝子の塔』、1994年『スペシャリスト』と立て続けに大胆なヌードを披露した。


【アンジェリーナ・ジョリー】

 1975年生まれ。俳優ジョン・ヴォイトを父に、女優ミシェリーヌ・ベルトランを母に持つ。モデルを経て、1993年『サイボーグ2』で映画デビュー。1999年『17歳のカルテ』でアカデミー助演女優賞を受賞。2001年『トゥームレイダー』でアクション女優として新境地を開拓した。


【モニカ・ベルッチ】

 1964年生まれ。その美貌ゆえに“イタリアの宝石”と呼ばれる。ペルージャ大学在学中にモデルを始め、1990年に女優デビュー。1992年『ドラキュラ』で脚光を浴び、2000年『マレーナ』で世界に名を轟かせた。2010年の45歳の時に、雑誌の表紙で妊婦姿を披露したことも。


※週刊ポスト2018年1月12・19日号

NEWSポストセブン

「金髪」をもっと詳しく

「金髪」のニュース

BIGLOBE
トップへ