荻野目洋子 中3時に「みゆき」で“共演”「見守ってくださった」

1月14日(日)7時8分 スポーツニッポン

鶴ひろみさんとの思い出を語る荻野目洋子

写真を拡大

 ◇鶴ひろみさんお別れの会

 1983年のテレビアニメ「みゆき」で鶴さんと共演した歌手の荻野目洋子(49)は「あのチャーミングなお声が聞けないのが残念です」としのんだ。

 歌手デビュー前の中学3年時にヒロインの若松みゆき役に抜てき。鶴さんはもう一人のヒロイン鹿島みゆきを演じた。「優しく見守ってくださった」と振り返り「今ならどんな声をかけてくれるのかなと思っていた。もう一度お会いしたかった」と悔やんだ。

 ▼山寺宏一(「…アンパンマン」でチーズ役、カバオ役など) 今でもひょっこり現れて「やまちゃーん」と言われそうな、信じられない思いです。今、アンパンマンの収録では、鶴さんが座っていた席にドキンちゃんの人形が置かれています。男前でズバッと物を言うんですけど、繊細で気配りのできる方で、曲がったことが大嫌いな方でした。大好きな鶴さん、ありがとうございました。

 ▼渡辺菜生子(「ドラゴンボール」プーアル役、舞台でも共演) 知り合って35年。ひろみが舞台に誘ってくれて、ひろみのアドバイスのおかげで私は今も仕事を続けられています。(自身がTARAKOと主宰する)「NAO—TA!プロデュース」の「たいせつなきみ」という舞台にも出てくれました。今日はお別れではなく、いろんな人とひろみの話をしたいと思います。そちらに行っても皆さんと仲良くしてください。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

みゆきをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ