高橋真麻、激ヤセ期を告白。“痩せられない”と悩むも、ファンからは「今のほうがいい」。

1月14日(水)21時25分 Techinsight

ファンからの言葉に励まされた様子の高橋真麻

写真を拡大


2013年にフジテレビから独立し、現在はフリーアナウンサーとして活躍中の高橋真麻。実は彼女、昨年は8キロも体重が増加し現在はダイエット中。しかしファンからは「今のほうがいい」と励まされている。その理由は一時期の“激ヤセ期”にあるようだ。

高橋真麻は13日、「痩せられない〜〜」のタイトルでブログを更新。ダイエットを決意するも、相次ぐ会食などで痩せられない状況にあると悩みを綴った。

昨年は交際男性との破局などから、8キロも体重が増加した高橋。年明けに更新したブログでは、両親から「痩せなさい、テレビに出る人なんだから」と注意されたことを告白し、ダイエットを行うことを決意していた。

しかし実際は、なかなかダイエットに踏み切れないようで、「スタイルは手足が細いだけで、お腹と胸囲が恐ろしいことになっております…」と現状を報告。どうやら体重はそのままのようだ。

一方で、以前の高橋が痩せすぎていたという事実もある。彼女は「私、昔5号だったのに先程衣装合わせしたら11号のワンピースがパツパツでした」と明かしている。5号サイズはかなり小柄な女性が着るサイズであり、身長162cmの高橋が着るにはずいぶん小さく“痩せすぎ”の体型である。それを知ってか、「でも痩せ過ぎていた時より今の方が良いかなぁと思っています」と記しているからそれほど危機感は感じていない様子だ。

これに対して、読者からは「5号は痩せすぎ」「今のままでいいと思います!」「今のほうがカワイイ!」と励ましの声が相次いだ。確かに痩せすぎ体型よりも、少しふっくらとした高橋のほうがファンとしては安心かもしれない。

読者の励ましに勇気づけられたのか、その後更新したブログでは「本当にやばくなったらちょっと引き締めようと思います!」と決意を新たにした高橋真麻。中学時代は体重75キロだった彼女だけに、くれぐれも太りすぎには要注意である。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高橋真麻をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ