城田優、13歳の“宣材写真”にファン驚き 「この完成度は流石」

1月14日(土)10時10分 Techinsight

13歳の頃の城田優(出典:https://www.instagram.com/yu_shirota)

写真を拡大

俳優や歌手としてはもちろん、昨年は演出家デビューも果たすなどマルチな活躍を見せている城田優。彼が芸能界に憧れ事務所に所属したのは13歳の頃だが、「かなりのマイナス思考だった」という当時から美しい顔立ちは健在だったようだ。自身のInstagramで18年前の“宣材写真”を公開すると、多くのフォロワーからその“完成度の高さ”に驚きの声があがっている。

城田優は13日、自身のInstagramを更新。芸能事務所に所属した13歳当時に撮影したという“初めての宣材写真”を投稿した。

彼が事務所に所属したのは今から18年前のこと。写真を見ると現在のワイルドな風貌とは異なるが、整った顔立ちは健在であどけない笑顔が初々しさを感じさせる。フォロワーからは「めっちゃ可愛い」「この時から出来上がってる」「この完成度は流石」と驚きと称賛の声が寄せられた。

そんな安定のイケメンぶりを披露した城田、この頃から順風満帆な芸能生活を送っているかと思いきや、そうではない。今でこそ西洋的な顔立ちや長身が長所となっている彼だが、デビュー当初はそれ故に演じられる役が限定され、オーディションで落選を重ねていた。そんな経験もあってか、城田は当時を振り返り「今より百倍マイナス志向の僕」と記している。

それでも17歳の頃にミュージカル『美少女戦士セーラームーン』のタキシード仮面役を射止め、2004年には若手俳優集団『D-BOYS』に加入。以降は舞台やドラマ、映画の主要キャストとして登場し、人気俳優の仲間入りを果たした。城田優は当時の自分に「努力次第で夢は叶うと教えてあげたい」とも言葉を添えているが、13歳の彼の努力が現在の活躍を築いているということなのだろう。

出典:https://www.instagram.com/yu_shirota
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

城田優をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ