ベッキー「二度と会わない」は離婚するまでの意味!?川谷妻の暴露で再び窮地に

1月15日(金)18時0分 アサ芸プラス

 タレントのベッキーと人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音との交際が発覚。今月6日の夜に所属事務所で緊急会見を行い、「お付き合いということではなく、友人関係であることは間違いありません」と発言して不貞関係を否定したものの、問題はそれだけで収まらず、さらに炎上する兆しを見せている。

「週刊文春の最新号では、川谷の妻A子さんのインタビューが掲載され、二人は『もう二度と会わないと』周囲には言っているものの、それは離婚届が提出されるまでのこと。実際は、川谷から離婚を催促する電話やメールが入り、A子さんは物が食べられないほどショックを受け、寝込んでいるとのこと。緊急会見では最大の被害者であるはずのA子さんへの謝罪は一切ありませんでしたし、今回の二人の行動は、間違いなく確信犯ですよ」(女性誌記者)

 今までスキャンダルとは無縁のタレントとして、クライアントから高く評価されてきたベッキーに、一体何が起きているのか。

「彼女は、CMの契約が10本、それにバラエティ番組のレギュラーを多数抱えており、年収5億円は下らない。しかもデビューして17年、かなりお金も貯まっています。もうこの世界に未練はないと言うのが、本音ではないかとみられています」(事務所関係者)

 そうなると一番被害甚大なのが、ベッキーの所属事務所である。

「2009年、先輩の酒井法子が薬物事件を起こした時、事務所倒産の危機を救ったのがベッキーでした。もし、芸能界引退という結果になれば、再び危機に直面する可能性もありますよ」(前出・女性誌記者)

 謝罪会見での「二度と会わない」宣言を見た視聴者は誰もが「一生」という意味にとらえたはず。今回のA子さんの告白記事で二人への批判はさらに強まりそうだ。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ベッキーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ