トイレ中でも3秒以内に集合!満島ひかりの弟が明かした驚愕の「満島家ルール」

1月15日(金)9時59分 アサ芸プラス

 女優の満島ひかりの弟で俳優の満島真之介が、1月11日にオンエアされた「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演し、驚愕の“満島家ルール”を明かして話題を呼んでいる。

 満島の話によると、満島の両親はそろって体育教師だったため、日常生活も「かなり体育会系」で、朝5時起床が絶対なのだとか。さらに指笛が鳴ったら「3秒以内に親父の前にみんなが集合しなきゃいけない」とのことで、番組内では共演者からも驚きの声が上がった。

 司会のくりぃむしちゅー・上田晋也が「トイレでちょっと出ている最中とかは?」と質問すると、満島は「来られなければ『みんなもう一度同じ場所に戻れ』」と言われることを明かし、出演者はさらに驚愕。

「真之介は『梅ちゃん先生』(NHK)で演じた山倉先生のように、嘘がつけない明るい性格のいいヤツ。バラエティ番組に出演すると素顔がバレるのを嫌がる俳優が多い中、真之介は違う。バレてもへっちゃら。むしろバレるほど視聴者が応援したくなる、稀有なタイプの俳優です」

 とは、映画製作スタッフ。その証拠に番組終了後のツイッター上には「真之介クンが大好きになりました!」「すげぇいいヤツ!」などのラブコールが殺到している。満島は14年に7歳年上の姉・ひかりのマネージャーと結婚しているが「その女選びはステキ!」の声まであるほど。もしかすると俳優よりバラエティ向きの逸材かもしれない。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

満島ひかりをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ