松本潤、山田涼介の主演ドラマ出足好調で木村拓哉にかかる「15%」の重圧

1月15日(月)18時15分 アサジョ

 ジャニーズ事務所のタレントが、6本もの主演作品に登場する今期ドラマ。前評判の高い作品の1つ、松本潤主演「99.9−刑事専門弁護士−SEASONII」(TBS系)が1月14日放送され、平均視聴率は15.1%と好スタートを切った。

 また、前日の13日には、Hey!Say!JUMP山田涼介主演「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」(日本テレビ系)の第1話がオンエア、こちらも13.3%の好発進となった。

「松本のドラマはSEASON Iの平均視聴率が17.2%でしたから、順当な数字と言えます。それよりも、意外と言っては失礼ですが、山田のドラマの13%超えには驚きました。放送前は視聴者から、“山田が東大出のエリート警察官”という設定に疑問を投げかける人もいましたが、蓋を開けてみればコメディードラマらしく笑うツボになっていたと思います。また『99.9〜』は、榮倉奈々が昨年6月12日に第1子を出産したことで、今作での出演はかなわないと思っていましたが、回想シーンでチョイチョイ出てくることに視聴者は喜んでいました。物語の内容としてはシリアスなのに1人1人のキャラクターが立っていて、重すぎないのもいいですね」(テレビ誌ライター)

 そんななか俄然注目されるのは、木村拓哉主演ドラマ「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)だ。

「後輩の松本や山田が高視聴率を出したことで、プレッシャーは相当なものでしょう。キムタクは番宣番組にも精力的に出演していましたので、松本が出した数字よりも上をいかないと面目まるつぶれでしょう」(芸能ジャーナリスト)

 1月18日にスタートする木村主演ドラマ。15%を上回るかどうかに注視したい。

アサジョ

「松本潤」をもっと詳しく

「松本潤」のニュース

BIGLOBE
トップへ