“ズートピア”の2015BEST MOVIE発表!1位は『“モフモフ”の覚醒』!?

1月15日(金)20時0分 シネマカフェ

『ズートピア』 - (C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

写真を拡大

ディズニー最新ヒロイン、もふもふのウザギ・ジュディが登場する『ズートピア』。このたび、本作の舞台である動物たちが暮らす“ズートピア”での昨年の映画ランキング「2015 BEST MOVIE」が発表され、『スター・ウォーズ/モフモフの覚醒』が見事1位に輝いた。

動物たちがハイテクな文明社会で暮らす世界“ズートピア”。動物による動物のために設計された大都会には、大きさも習慣もタイプも違う沢山の種類の動物たちが平和に共存し、さらにはどんな動物にも快適な暮らしができる環境が整えられている。そんな“ズートピア”に思いを馳せているのは、ディズニー最新ヒロイン、ウサギのジュディ・ホップス。動物にはそれぞれ決められた役割があり、小さいウサギは農場で人参作りに従事するのが”ウサギの人生“とされている世界。けれども、唯一彼女だけは幼い頃から「警察官になりたい」という夢を抱いていた。夢を叶えるためジュディは田舎町から大都会ズートピアにやってくる——。

アニメーションの歴史を変えた天才ジョン・ラセターが製作総指揮を務め、監督を『ボルト』『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』リッチ・ムーアが手がける本作。ディズニー・アニメーション第三黄金期の勢いを加速させた実力派の製作陣が集結し、未だ謎の多い大都会“ズートピア”を作り上げている。

今回発表された“ズートピア”での「BEST MOVIE」には、実際に昨年話題となった作品のタイトルに、思わずクスりとしてしまうような捻りを効かせたものがランクイン。1位に輝いたのは、現在も世界中で大ヒット中の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を彷彿とさせる、『スター・ウォーズ/モフモフの覚醒』。モフモフボディの可愛いうさぎのジュディの毛皮を巡る、家族の愛と喪失が描かれているようだ。

さらに続くランキングでは、2位に『ストレイト・アウタ・コンプトン』を彷彿とさせる『ソンナコト二・ナッター?ズートピア』、3位に“永遠の愛”の物語を絢爛豪華な映像と“象”キャストで描いたというラブ・ストーリー『ゾウデレラ』、4位『Eヤギダ』、5位『ズーラシック・ワールド』、6位『フィフティ・シェイズ・オブ・フクロウ』、7位に最強チーム“アベンジャーズ”と究極の人口知能を持つ“牛”との戦いを描いた『アベンジャーズ・エイジ・オブ・ギュウトロン』、8位『ブーマックス』、9位『ナマケモノの子』がランクインしている。

また、上位6作品の“ズートピア”版ポスターも披露され、映画ファンならにやりとしてしまうユーモアたっぷりの仕上がりだ。動物たちを熱狂させた作品から、“ズートピア”の世界を想像してみて。

『ズートピア』は4月23日(土)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

モフモフをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ