黒木華、泣き叫ぶその先には…岩井俊二監督作『リップヴァンウィンクルの花嫁』初の劇中映像公開

1月15日(金)17時0分 シネマカフェ

『リップヴァンウィンクルの花嫁』-(C)RVWフィルムパートナーズ

写真を拡大

黒木華、綾野剛ら実力派俳優を迎え、『花とアリス』などで知られる岩井俊二監督が描く最新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』。この度、初めて本作の劇中映像を収めた最新予告編がひと足先にシネマカフェに到着した。

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木華)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野剛)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す…。

『Love Letter』『スワロウテイル』などを手掛け、女優たちの新たな魅力をスクリーンへと昇華させてきた岩井監督が務める本作。主演には『小さいおうち』で「第64回ベルリン国際映画祭」において最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞し、「天皇の料理番」(TBS)や現在公開中の『母と暮せば』の好演が記憶に新しい女優・黒木さん。そして共演には、昨年放送された「コウノドリ」(TBS)で主演を務めた綾野さんが演じる。そのほか歌手のCoccoや原日出子、地曵豪、夏目ナナ、りりィなど俳優陣が脇を固めている。

これまでに、本作の映像として公開されていたのは、劇中から引用された意味深な台詞音声に乗せて流れる「ねこかんむり」をかぶった女性の映像のみだった。そして今回の予告編も、前回に引き続いて、監督自らが制作。本作にも登場するCoccoさんの歌う楽曲に乗せた「ねこかんむり」の映像に加えて、「皆川七海さんは何て呼んだらいい?」「そんな虫のいい話を仕事にするのが、僕の仕事」など前回は音声だけだった部分に初の劇中映像がインサートされている。「どこへ行けばいいですか?」と話し涙する黒木さんが意図することとは…。監督独自の映像美と衝撃的な内容をイメージさせる映像となっている。


3月の日本公開に先駆け、韓国を皮切りに、香港、台湾において実写邦画作品では初となる、アジア3か国での先行公開も決定している本作。こちらの予告編から岩井監督ならではの映像美や、黒木さん、綾野さん、Coccoさんといった個性豊かな役者が演じる印象的な台詞にも注目してみて。

『リップヴァンウィンクルの花嫁』は3月26日(土)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

黒木華をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ