綾野剛、大阪・道頓堀で“巨大龍彦像”とご対面! 「絶対大阪がイイってお願いした」

1月15日(日)15時35分 シネマカフェ

綾野剛/巨大龍彦像『新宿スワンII』

写真を拡大

1月15日(日)、大阪・道頓堀に映画『新宿スワンII』で主人公の白鳥龍彦を演じる綾野剛が登場し、映画のPRのために制作された全長8mの巨大龍彦像と対面した。全国的に厳しい寒波が続き、雪がちらつく中、綾野剛を乗せた船が道頓堀のグリコサイン前に到着すると、集まった約6,000人のファンは大歓声と拍手で綾野さんを迎えた。

シリーズ一作目となる『新宿スワン』(2015年5月公開)の公開時には東京のJR新宿駅前に登場した巨大龍彦像。今回、大阪ミナミの観光スポットとしておなじみのグリコサインの真正面に設置された巨大龍彦像と対面した綾野さんは「やっぱグリコサインはスゴいですね、最高です! こんな景色見たことないです!」と興奮しながらコメントすると、続けて「いま相当アガってます(笑)。前作のときは新宿駅に龍彦像が建っていたんですけど、今回はどこに建たせるかって話になったときに僕が“絶対大阪がイイ!”ってお願いをしたんです」と巨大龍彦像設置の経緯を語った。

また1月21日(土)から公開が始まる『新宿スワンII』について綾野さんは「続編のつもりで撮影していたんですけど、完成した作品を見ると“続編というよりも新章”だなと思いました。今回、浅野忠信さんと共演させていただいたんですけど、世界を相手に勝負されている役者さんなので、存在感が圧倒的でしたね」と撮影中の心境についても話した。さらに本作の見せ場となるアクションシーンについても触れ「今回も撮影中のケガは多かったです。でも今回は“魅せるアクション”という感じなので、前作に比べると撮影中のケガは少なかったですね。前作のアクションは相手との距離の近いアクションだったので、山田孝之とのケンカのシーンはお互い大きなケガをしちゃったんですけど…」と語り、ハードな撮影の一端を明かした。

巨大龍彦像は、1月22日(日)まで大阪・道頓堀のグリコサイン前に設置されている。

『新宿スワンII』は1月21日(土)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

綾野剛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ