【アニメキャラの魅力】幸運なのに不幸!?高飛車ヒロイン「桜市子」の魅力とは?『貧乏神が!』

1月15日(木)8時27分 キャラペディア

(C)助野嘉昭/集英社・「貧乏神が!」製作委員会

写真を拡大

 『貧乏神が!』の主人公「桜市子」は、大金持ちの家庭に生まれた上にあらゆる才能を持ち合わせている、まさに恵まれた環境で育ちました。しかし、その物質的豊かさとは対照的に荒み切っている彼女の心。さて、この「桜市子」の魅力とは一体どこにあるのでしょうか?


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■豊かな才能とBody!

 市子の魅力といえば、なんといってもその豊かな才能とBody!特に、周囲から妬みの思いも込めて「乳子(ちちこ)」と呼ばれるほどの巨乳は、もう魅力以外の何者でもありません。他にも、勉強からスポーツ、武術に至るまで何でも人並み以上の実力を発揮できるのが市子の凄いところ。ここに心の豊かさが加わったとしたら、それこそもう人ではなく「福の神」といっても良いかもしれません。

■暗い過去

 市子というキャラクターをより魅力的なものにしているのは、かつて彼女の身に起きた出来事によるトラウマでしょう。信じていた友達から裏切られた経験を持つ彼女は、その後、気の置けない友人を作ることなく生きてきました。確かに無神経で傲慢な態度を取りがちな市子ですが、そんな過去を知ってしまうとどうしても感情移入してしまいますよね。

 また、両親とも確執があり、親からの愛情を感じられなかったことも、彼女の性格に暗い影を落としたようです。そんな中、市子と執事である諏訪野との関係は非常に深く、特に諏訪野が病に倒れてしまった際のエピソードなどは涙なしでは観られません。

■ツッコミの切れ味

 様々な能力を持った市子ですが、特に卓越した才能を持っていると思われるのが「ツッコミの才能」です。主にボケを担当する紅葉に対して、市子が気の利いた的確なツッコミを入れていく様子は実に爽快!『貧乏神が!』という作品において、絶対に欠かすことのできない要素の一つといって良いでしょう。貧乏神とはいえ、神の一人である紅葉に対して、あそこまで切れのあるツッコミを入れられるのは、市子を置いて他にいませんね。

■市子と紅葉

 高飛車な態度をとったり、自分に関係のない他人をないがしろにしたりと、周囲から睨まれるような行動ばかり取ってきた市子。しかし、紅葉や蘭丸、恵汰との交流によって、彼女は少しずつ変化していきます。元々は寂しがり屋な性格で優しいところもあったのですが、先述のような経緯で荒んでしまった市子の心。それが貧乏神である紅葉との出会いをきっかけに少しずつ変化していく様は、非常に感動的です。市子と紅葉の関係は、まさに“理想の女友達”の形といえるかもしれませんね。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:西森ゆう(キャラペディア公式ライター)

(C)助野嘉昭/集英社・「貧乏神が!」製作委員会

キャラペディア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

魅力をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ