『ボヘミアン・ラプソディ』2018年公開作品興行収入ランキング第1位に、100億円超え確実視

1月15日(火)12時21分 映画ランドNEWS

公開から10週目に入る映画『ボヘミアン・ラプソディ』が興行収入94億円を突破。2018年公開作品興行収入ランキング第1位を獲得した。


ボヘミアン・ラプソディ


10週目の週末(1月12日&13日)は469スクリーンで動員272,344人、興行収入3億9,785万円を上げた。この数字は先週末より118%上回る前代未聞の右肩上がり興行である。3連休の14日(月)までの累計動員は6,836,433人、累計興行収入は94億3,739万円に達した。この累計数字は92.3億円をあげた邦画ランキングNo.1『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』及び91.8億円をあげたNo.2『名探偵コナン ゼロの執行人』を抜き、2018年公開邦画・洋画興行収入合わせた年間総合ランキング第1位に躍り出た。


IMAXでの日本歴代興行収入ランキングでは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『アバター』を上回り、歴代1位となった。今後は1月22日(火)に予定される第91回アカデミー賞のノミネート発表で主要部門(作品賞、主演男優賞)のノミネートが期待される。また、それと同時期には日本での累計興行収入100億円超えが確実視されている。


映画『ボヘミアン・ラプソディ』は大ヒット公開中


(C)2018 Twentieth Century Fox


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「興行収入」をもっと詳しく

「興行収入」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ