木村拓哉、奥さん役「誰がいい?」希望を聞かれる 自身の警護人には江口洋介を指名

1月15日(月)17時0分 クランクイン!

『BG~身辺警護人~』プレミアム試写会&制作発表記者会見にて クランクイン!

写真を拡大

 木村拓哉が、江口洋介斎藤工菜々緒間宮祥太朗、石田ゆり子、上川隆也とともに、15日に都内で実施された新ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)のプレミアム試写&制作発表会見に出席。木村は、物語に絡めて共演者の中で誰に警護してもらいたいかを問われると、江口を指名。「兄貴分としても親しみを感じます」と魅力を語った。 本作は、主人公の島崎章(木村)が所属する民間警備会社・日ノ出警備保障を舞台に、ボディガードたちの戦いの日々を描く人間ドラマ。木村はシングルファーザーでもある島崎について、「別れた奥さんが誰なのか分からないんですが、プロデューサーと話をしていて、(自分への)聞き方がちょっと怖かったんですけど、『誰がいい?』って(笑)」と述懐。続けて「スタッフの中では考えがあるみたいです」と付け足し、物語に島崎の妻が登場することを匂わせた。

 当日は、一同が今年護りたいものを習字で披露する一幕も。木村が「約束」、島崎と対立する警視庁SPの落合義明に扮する江口が「縁」と回答する一方、厚生労働大臣・立原愛子を演じる石田は「鍛」の一文字を披露。理由を聞かれると「私は、すごく怠け者で。うちにいると、ダラダラダラダラ…ダラダラダラダラする生活を送りがちなんです(笑)」と自嘲。「年齢的にも、本当にまずいなと。体も心も、ちょっとちゃんと鍛えて、この『BG』で最後は皆さん(ボディーガード)の側に行きたい(笑)。出来たら最後は、アクションをやって終わりたい」と願望を明かして会場を沸かせた。

 イベントでは、誰に警護してもらいたいかを一同が発表し合うコーナーも。木村は江口を指名し、「兄貴分としても親しみを感じますし、どこか柔らかい部分がないと、(一緒に)居てすごく窮屈だと思うので、江口さんです」と回答。これを受けた江口も木村を指名し、「約束守ってくれそうだし」とニッコリ。劇中では対立する関係ながら、相思相愛な様子を垣間見せた。

 新ドラマ『BG〜身辺警護人〜』は、テレビ朝日系にて1月18日より毎週木曜21時放送。

クランクイン!

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

BIGLOBE
トップへ