『週刊少年ジャンプ展VOL.2』DB、スラダン、幽白…展示内容やグッズ情報の一部公開

1月15日(月)5時0分 クランクイン!

『週刊少年ジャンプ展VOL.2』DB、スラダン、幽白…展示内容やグッズ情報の一部公開

写真を拡大

 1968年に創刊された「週刊少年ジャンプ」(集英社)の50周年を記念したイベント「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 −1990年代、発行部数653万部の衝撃−」の展示内容やグッズ情報が、一部解禁された。往年の名作として知られる『DRAGON BALL』や『SLAM DUNK』、『幽☆遊☆白書』など、さまざまな作品の魅力にふれられる。 全3期にわたり開催中の「週刊少年ジャンプ展」では、昨夏開催の第1弾では「創刊から80年代」の作品を振り返る内容となったが、今回の第2弾では「90年代」をテーマにさまざまな作品の企画展示などが行われる。

 解禁された情報では、スーパーサイヤ人として覚醒した悟空やフリーザなど悪役が集う『DRAGON BALL』や、井上雄彦原作で一大ブームを巻き起こしたバスケットボール漫画『SLAM DUNK』など、各作品の原画や名場面、名言などを振り返ることができる展示空間が設営されることが明らかになっている。

 また、1995年に最大発行部数653万部を数えた同誌の軌跡を振り返る企画展示コーナー「Jump Tornado」や、90年代にデビューし、同誌の2000年代を支えた『ONE PIECE』の尾田栄一郎や『NARUTOーナルトー』の岸本斉史ら、5名の作家たちの初期作品が展示される「Jump to 2000s」も設営されることが告知されている。

 さらに、作品のキャラクターなどをモチーフにしたグッズの一部も明らかとなり、会場では桜木花道や流川楓などが描かれた「『SLAM DUNK』プレート」や、冨樫義博の大ヒット作をテーマにした「『幽☆遊☆白書』フェイスタオル」、昨年の実写映画化も話題を集めた「『ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダーズ』イギーiPhone ケース」など、ファン垂涎のアイテムが多数用意される。

 「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 −1990年代、発行部数653万部の衝撃−」は、3月19日から6月17日まで東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催。

クランクイン!

「週刊少年ジャンプ」をもっと詳しく

「週刊少年ジャンプ」のニュース

BIGLOBE
トップへ