食べたくなるかわいさ...ピカチュウが「スイーツ」になった新プライズ

1月15日(日)14時30分 J-CASTニュース

自分の顔がデザインされたマカロンを持ってうれしそうな「ピカチュウ」のでっかいぬいぐるみ

写真を拡大

バンダイナムコグループのバンプレストは、ゲームやアニメで人気の「ポケットモンスター(ポケモン)」が題材のアミューズメント専用景品(プライズ)を、2017年1月中旬から全国で順次投入する。

「Pokemon Tea Party」シリーズ



「『ピカチュウ』をモチーフにした可愛くておいしいスイーツ」をコンセプトにした新シリーズのプライズ。可愛らしさと華やかさにこだわってデザインしたという。「Pokemon Tea Party(ポケモンティーパーティー)」と名付けられた。



自分の顔がデザインされたマカロンを持って、うれしそうな表情をしたピカチュウの「でっかいぬいぐるみ〜おいしそうでわくわく〜」(全1種)、ピカチュウデザインのカップケーキ、アイス、ドーナツ「ぬいぐるみ〜いろんなお菓子〜」(全3種)。



このほか、2月下旬からは、ピカチュウの顔デザインのマカロン型「お菓子クッション」(全1種)、自分の顔がデザインされたクッキーサンドを持って、舌をペロリと出すピカチュウの「でっかいぬいぐるみ〜おいしそうでペロリ〜」(全1種)が投入される。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ピカチュウをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ