サッカー長友に吉田沙保里「おー!いいですね」 動画めぐりアドバイスも

1月15日(月)13時0分 J-CASTニュース

サッカーの長友選手とレスリングの吉田選手

写真を拡大

サッカーの長友佑都選手が、レスリングの吉田沙保里選手がSNSで公開したトレーニングを実践し、「身体のコーディネーション能力が高まりそうです」と効果を実感している。


世界を舞台に活躍するトップアスリートが紹介、実践するトレーニングとはいったい——。



吉田選手でさえ息を上げて座り込む




吉田選手は2018年1月13日、レスリングの登坂絵莉選手から教わったという新しいトレーニングの動画をツイッターとインスタグラムで公開した。「体幹、バランスが鍛えられますよ!」と、効果を説明している。



トレーニングはうつぶせの体勢から始まる。まず、片肘と反対足のつま先だけで体重を支え、腰を浮かせて体をまっすぐに伸ばした状態にする。その際、もう一方の手足は体の高さで前後に伸ばす。その後、床を1回転し、先ほどとは別の手足をすばやく伸ばす。これを10セット繰り返し、最後はジャンピング腕立て伏せを10回行う。



対角線上の手足を伸ばすことがポイントのようで、吉田選手は「手と足が一緒にならないように気を付けてね!」とアドバイスを送っている。自身も途中何度か同じ手足が出てしまっていることから、高難易度なことがうかがえる。そのうえトレーニング終了後には、吉田選手でさえ息を上げて座り込むハードさだ。



見るからにキツそうなトレーニングに、SNSには


「これ絶対きつい!」


「すんげー最強!凄い!」

「さすが女王!!」

といった感想が書き込まれた。実践してみたという人は、

「ちょっとやってみたけど肩周りへの負担が思ったよりキツいっス」

と音を上げている。


サッカー長友「早速やってみました」



動画はツイッターとインスタグラム合わせて約80万回再生の反響を呼び(1月15日昼現在)、レスリングの元世界女王・ダルビッシュ聖子さんが「さおりのプリお尻なれるよう頑張ります」とツイートするなど、スポーツ界からも反応が寄せられている。



サッカーの長友佑都選手もその一人。14日、吉田選手のツイートをリツイートし、


「これいいですね。やってみよう!」

と、「霊長類最強」の異名を持つ吉田選手のトレーニングに関心を示した。



そして翌15日、長友選手は「早速やってみました」と、トレーニング動画をツイッターとインスタグラムで公開した。転がる過程で前進してしまっていることから、トップアスリートにとっても容易ではないトレーニングだということが伝わってくる。



長友選手は実践してみた感想を、ツイッターで


「腕脚が逆になったり、バランスとるのが難しかったです。身体のコーディネーション能力が高まりそうです」

と綴っており、吉田選手に「また良いトレーニングあれば教えてください!」と呼びかけた。



このツイートに対し、吉田選手は「おー!いいですね」と返信し、


「回転して着地する時には、片手片足の状態でいることがポイントです! ※着地した際に両肘をつかないと更に効果的ですよ」

とアドバイスした。

J-CASTニュース

「吉田沙保里」をもっと詳しく

「吉田沙保里」のニュース

BIGLOBE
トップへ