イ・ミンホ、キム・レウォンの“花の物乞い”スチール公開

1月15日(木)11時2分 KEJNEWS

【15日=KEJ金善花】ユ・ハ監督の街・通り3部作の完結篇のアクション映画『江南(カンナム)1970』が土地と金に向かった欲望が生まれる前の2人の昔の姿が収められたスチールカットが公開された。

公開された写真ではジョンデ(イ・ミンホ)とヨンギ(キム・レウォン)は、みすぼらしい服を着ながら、必死に集めたお金で1つのラーメンを買って、大変で空腹だったであろうに顔には笑顔が広がっている。孤児院で出会った、兄弟であり、友達であり、家族である2人の絆が感じられる。

このあと組織に入り、スーツをびしっと着こなしている2人からは想像できないスタイルからまさに変身という言葉がピッタリと言える。

ドラマなどで財閥2世として慣れ親しんでいたイメージを脱ぎ捨て『江南1970』でみすぼらしい姿を披露したイ・ミンホは「みすぼらしい姿を完璧に表現するため、スキンケアなどもせず撮影に臨んだ」と現代の江南のアイコンとも言える彼が70年代の物乞いに姿を変えられた秘訣を明かした。そして、キム・レウォンも体重を15キロ以上減量して70年代の腹をすかしていた物乞いというキャラクター設定にあわせるように努力したことを明かした。

また、このようなシーンの撮影時、現場に彼らが登場すると姿は物乞いそのものなのだが、2人の格好良さは隠し切れてなかったことから“花の物乞い”というあだ名がスタッフからつけられたそうだ。

このように苦しい環境の中で本当の兄弟のように支えあって生きてきたジョンデとヨンギの仲睦まじい姿が見ることの出来る映画『江南1970』は今月21日公開予定である。

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ