注目ワード中国・メディア 喫煙・朝日と東京 TOKIO・松岡昌宏 海自護衛艦・神奈川・横須賀基地 ロハス製薬・容姿の良し悪しで異性 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ポスト優木まおみ!? モデルの朝比奈彩、深夜番組で“玉ねぎ“セクシーショット

メンズサイゾー1月15日(木)17時0分
画像:ポスト優木まおみ!? モデルの朝比奈彩、深夜番組で“玉ねぎ“セクシーショット
写真を拡大

 14日深夜放送の『ツボ娘』(TBS系)にモデルの朝比奈彩(21)が出演し、出身地である兵庫県淡路島の特産品である玉ねぎを使ったスペシャルグラビアに挑戦した。


 黒のミニスカワンピース姿でスタジオに登場した朝比奈は、冒頭から地元自慢トークを展開。売り出し中のグラビアアイドルやタレントが起用されることの多い同番組では、ほとんどの出演者が自己紹介に終始するが、朝比奈は自らのことをほとんど語らず、淡路島の話ばかり。淡路島には温厚な人が多く自然が豊かだという話を続け、MCを務める芸人の浜ロン(41)も思わず「観光大使狙っている?」と聞いてしまうほどの地元愛を見せた。


 そんな朝比奈に対して用意された企画が、玉ねぎとのスペシャルグラビア。放送前から番組ホームページには、「芸能界初!? 玉ねぎとの究極コラボでセクシーショット連発!?」と記されており、いったいどんなお色気シーンを披露してくれるのかと期待が高まっていた。しかし、実際の企画が始まると、玉ねぎを手にポーズを決めたり、頬に寄せたりするだけ。グラビアカメラマンに扮した浜ロンの写真には、玉ねぎを持って微笑んでいる美女の姿が映されていた。


 しかしその後、朝比奈は玉ねぎの皮を歯でむいたり、丸ごとかじったりするポーズを披露。大きな口を開けて生の玉ねぎを食べる彼女の姿は、どこかエロティックな印象を漂わせる。マニアックな部類のセクシーさともいえそうだが、もともと備わっている彼女の色気が、何でもない仕草を艶めかしいものにしているのかもしれない。黒髪を乱れさせながら、赤い口紅が塗られた唇で、白い玉ねぎを頬張る彼女の姿は、魅惑的な雰囲気に満ちたものだった。


「身長170cmの朝比奈さんは、抜群のプロポーションの持ち主として有名。過去にはその体型を活かしてレースクイーンとしても活躍しています。昨年11月には、木下優樹菜(27)や菜々緒(26)を輩出した『三愛水着イメージガール』にも選ばれ、最近ではバラエティなどでもたびたび見かけます。現在のところ、専属モデルを務めるファッション誌『Ray』(主婦の友社)での活動がメインですが、『ツボ娘』は若手女性タレントの登竜門的な番組でもあるため、今回の出演を機に活躍の幅を広げるかもしれませんね」(芸能関係者)


 朝比奈は、三愛のイメージガールに選ばれた際、北川景子(28)に憧れて芸能界を目指したと話しており、将来的には女優を志しているのかもしれない。しかし2013年にデビューしたばかりの彼女は、まだまだ実績不足の状態。知名度を上げるためにも、バラエティでの活動は必要になってくるだろう。


「朝比奈さんは、昨年の5月に生島ヒロシさん(64)が代表を務める芸能事務所・生島企画室に所属しています。それまで彼女はモデル事務所に在籍しており、今後の芸能活動を見据えて移籍したのでしょう。元TBSのアナウンサーだった生島さんが立ち上げた事務所のため、生島企画室にはフリーアナが多いですが、優木まおみさん(34)を筆頭にバラエティ系にも強く、女優の浅野温子さん(53)などもいます。文化人や声優も多数在籍しており、幅広いジャンルのタレントをそろえた事務所です。昨年は化粧品メーカーのDHCが主催する『シンデレラアワード』のグランプリに輝き、三愛のイメージガールにも抜擢。モデルに限らず、女優やタレントなど、さまざまな活躍を望む朝比奈さんにとって、事務所移籍は成功だったといえそうですね」(芸能ライター)


 『ツボ娘』の中でも「いろいろなことに挑戦していきたい」と語っていた朝比奈。番組後半では、恒例となっている出水麻衣アナ(30)との尻相撲対決の前に、「自信あります」と強気な発言を放っていた。芸能界で成功するために必要不可欠な"負けん気"を持つ朝比奈が、優木まおみのようにブレイクする日も近いのかもしれない。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード
朝比奈彩のまとめ写真

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「朝比奈彩」をもっと詳しく

注目ニュース
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
でんぱ組卒業の最上もが、久々の姿にファン喜び 日刊スポーツ9月25日(月)17時6分
アイドルグループでんぱ組.incを卒業した最上もが(年齢非公表)が久しぶりにメディアに姿を現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア