Berryz工房・熊井友理奈、パリコレドレス姿に拍手喝采! アイドル界の快挙に期待

1月15日(金)17時0分 メンズサイゾー

 無期限活動停止中のアイドルグループ・Berryz工房のメンバーで、今年からモデル活動を本格化させた熊井友理奈(22)。アイドル時代から高身長で話題を集めることの多かった彼女が、またもその個性でネットを賑わせている。


 14日、熊井は有名デザイナー・ユミカツラの新作ドレス発表会に出席。今月25日に行われるパリコレで披露される予定の艶やかなドレスに身を包み、大役を果たした。


 アイドル時代には控えていたというヒールをはいた彼女の身長は189センチ。大御所デザイナーのモデルを務めた彼女は、緊張気味に「汗が止まらない」と語りながらも、「アイドルとしては身長がコンプレックスだったが、それをチャームポイントに変えられる場を桂由美先生にいただきうれしい。鏡を見て自分でも別人だなと思った」と感想を述べた。


 そんな熊井に対して桂氏も、「堂々としているし、経験を積んだらパリコレに出られる」と太鼓判。熊井は、2月16日には東京国際フォーラムで、パリコレ帰りの桂氏のショーに出演することが決まっている。ランウェイデビューを飾る彼女のモデル業は、さらに活発化しそうだ。


 この一報を受けて、ネットユーザーたちは拍手喝采。某大手掲示板などには熊井の専用スレッドが立ち、「美しすぎる」「こんな完璧な芸能人いない」「高身長で小顔でスタイルも抜群」などの声が相次いだ。さらに、Twitterなどには「熊井、ついにパリコレデビュー!」といったコメントが多数投稿されており、思わず先走ってしまった人もいたようだ。


 04年にBerryz工房の一員としてメジャーデビューを果たしたころから、高身長アイドルとして注目を集めた熊井。そんな彼女にとって、高い身長はコンプレックスだったようで、07年に「174〜175センチくらい」と話し、もっと高いハズとのファンの声に答えるカタチで、翌08年に改めて176センチであることを公表した。その後も何度となく話題に上がるも口ごもっており、あまり身長については触れられたくなかった様子。


 だが、昨年夏に出演したバラエティ『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、実際の身長が181センチだと明らかに。その際もネットを大いにざわつかせたが、人気番組で堂々と公表したことはモデル業に対しての意気込みの表れではないかと思われた。そして、今回モデルとして堂々たる姿を見せたことで、多くのネットユーザーも応援メッセージを寄せることとなった。


「今回の発表会でも、熊井さんは『アイドルのときはフリフリで可愛らしさを求められたが、今回はカッコよさを求められた。私はカッコいいほうが好きなので合っている』と話していました。もともとアイドル活動に抵抗があったワケではないでしょうが、より自分が輝ける場所を見つけたようで、ファンもそれを喜んでいる。パリコレデビューとなればアイドル界の快挙として、さらに盛り上がるのではないでしょうか。


 かつてパリコレに出演した女性タレントといえば、小雪さん(39)や冨永愛さん(33)などがいますが、いずれも身長は170センチ台。熊井さんの181センチという身長がアドバンテージになるのは間違いありませんから、どんどん存在感を発揮してほしいですね。また、彼女は現在『王様のブランチ』(TBS系)のレポーター役を務めていますが、タレントとしての活躍にも期待したいところ。モデルのときの凛々しい表情とは打って変わって、バラエティでは天然なところも見せていますからね。おっとりとした性格の持ち主なようで、高身長とのギャップに魅力を感じるファンも多い」(ネットライター)


 さまざまな個性が集まる芸能界でも、180センチオーバーの女性タレントは珍しい。モデルとしての活躍に期待が寄せられる熊井だが、その可能性はもっと広いのかもしれない。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アイドルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ