「恋人にしたい」トップ・miwaの徹底した男ウケにブーイング アンチの攻防

1月15日(日)19時0分 messy

miwa オフィシャルサイトより

写真を拡大

 1月10日、シンガーソングライターのmiwaが、自身が主演する映画『君と100回目の恋』のイベントにW主演を務める俳優・坂口健太郎とともに参加した。

 当日、坂口は真っ白な着物姿、miwaも白を基調として梅の花の柄があしらわれた着物を纏って登場。坂口は初めて袴を着たそうで「身が引き締まる」とコメントしたのだが、そんな坂口をmiwaは「身長が高いからなんでも着こなせる。浴衣姿も撮影で見たことがあるけど袴姿も似合う。男前だなと思います」とすぐ隣でベタ褒め。坂口は照れた様子で「磨きがかかってしまう感じ」と冗談で返し、場を沸かせた。

 なんでもないやりとりにも思えるが、miwaといえばアンチガールズもweb上では活発。アンチのたまり場では「こんなにあっさり男前とか言えるのは自分に自身がある証拠」「男の喜ぶコメントがすぐ出てくるのが凄い…可愛いこと自覚してるから言えるんだね」「男ウケ狙った発言が驚くほど上手い」といった批判が続出している。

 miwaはアイドルではないが特に男性層からの支持が高い。シンガーソングライターとして2013年にデビューしたmiwaだが、そのルックスでアイドル的人気も誇っている。長くツヤツヤの黒髪ストレートに薄いメイク、小柄な体に大きなギターを抱えて歌う姿などが最大公約数の男心を突いているようだ。2014年には音楽情報誌『CD&DLでーた』(KADOKAWA)が発表した「恋人にしたい女性音楽アーティスト」で1位に君臨。広い年齢層から支持のある安室奈美恵や、当時まだAKB48に所属していた大島優子を抑えての1位に驚きの声が上がったが、男性人気でいえばかつての持田香織的ポジションといえば伝わりやすいだろうか。



 2015年には映画『マエストロ』で松坂桃李と共演して女優デビューも果たしたmiwa。昨年6月からは森永の菓子「ベイク」のCMキャラクターに抜擢されている。ただ、このCMの内容が一部の女性視聴者から思いきり不評を買った。「やいちゃってんじゃないの篇」では、学校の廊下のようなところで男子に囲まれて談笑しているところから始まり、通り過ぎる誰か(カメラ)に向かって「やいちゃってんじゃないの?」と囁きかける内容。

 第二弾「またやいちゃった篇」では、森の中を男の子たちと楽し気に走り、後ろを追いかけてくる誰か(カメラ)をふりむき「またやいちゃった?」とどこか嬉し気に呼びかける。miwa出演者でありシナリオに関与しているわけもなく、演じさせられているだけなのだが、これには「あざとい!」の大合唱が巻き起こり、miwaの可愛さアピールに堪えられない者が多数出現するという状況が垣間見えた。

 また「ベイク」のCM発表イベントでは、自身の誕生日を風呂場で迎えたことを明かしたりと男ウケを徹底した発言も見られ、もちろん女性からは大ブーイング。2014年10月に放送されたドキュメンタリー番組『情熱大陸』(毎日放送)に出演した際に「ここ4年は彼氏いない」と発言したことすら「彼氏いないアピールうざい」と冷ややかな声が。

 今回イベントが行われた映画『君と100回目の恋』はmiwaと坂口が恋人役を演じ、二人でラブソングを作るという内容だが、miwaと対照的に坂口のファンは主に女性、そしてこの映画のターゲットも間違いなく「若い女性層」。果たしてヒットするのかどうか、上映後の女性客の反応が気になるところだ。

(ボンゾ)

messy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

miwaをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ