乃木坂46・与田祐希、ごはんを食べながら寝る"天然"ぶりを発揮

1月15日(月)14時14分 マイナビニュース

アイドルグループ・乃木坂46与田祐希が15日、テレビ東京系新木ドラ25枠『モブサイコ100』(2018年1月18日スタート 毎週木曜25:00〜25:30)の記者会見に、濱田龍臣、波岡一喜、大塚明夫、坂本浩一監督とともに登場した。

同作は、ONEによる人気コミックを実写化。おかっぱ頭の内気で目立たない中学2年生、影山茂夫(濱田)、通称モブは勉強もスポーツも人付き合いも苦手だが、特殊な能力が備わっていた。モブは自称霊能力者・霊幻新隆の元での除霊バイトや高校の肉体改造部で、超能力バトルに巻き込まれながら成長していく。

モブが思いを寄せる同級生・ツボミを演じる与田は、現場でも天然キャラだと評判に。濱田は「ケータリングで夜ごはんが出てたんですよ。(与田が)ごはん持って、スプーン持って、動かないなと思ったら、目を閉じてるんですよ。寝てる!? と思って。ごはん食べてる最中に寝てたことがありました」と衝撃のエピソードを披露した。

与田は「黙想してたんじゃないですか?」ととぼけたものの、濱田は「『寝てた?』 って聞いたら『寝てた』って言ってたもん、その時」と追い詰める。与田は「寝てたんですかね、ちょっと記憶にございません」と苦笑したが、坂本監督は「それ(天然)が現場では癒しになっていましたね」とフォローしていた。

また、ドラマ初出演となる与田は「常に助けていただきました。初日とか頭真っ白だったんですけど、監督はじめスタッフさんや共演者の皆さんに動きとか目線とか日々指導いただきながらお勉強させていただきました」と周囲に感謝。アクションシーンでは「女のヤンキーの方を倒すのに、監督と濱田さんと両方に教えてもらい、ヤンキー役の方にも教えていただきながら倒させていただきました」と丁寧に語る。出来栄えは「35億点です」と自信を見せた。

マイナビニュース

「乃木坂46」をもっと詳しく

「乃木坂46」のニュース

BIGLOBE
トップへ