千鳥が民放全国ネット初MC - "終わらせ屋"に反論「最初からなら長く続く!」

1月15日(月)5時0分 マイナビニュース

1月15日からカンテレ・フジテレビ系でスタートする『世界の村のどエライさん〜そんな幸せあったんだ!?』(毎週月曜 22:00〜22:54 ※初回は22:15〜23:09)の収録が、このほど同局のスタジオで行われ、MCを務める千鳥の大悟、ノブ山崎育三郎高見侑里が報道陣向けの囲み取材に応じた。

民放全国ネットのバラエティー番組初MCとなる千鳥をはじめ、バラエティー番組初MCの山崎育三郎、『めざましどようび』でキャスターを務める高見侑里の4人がMCとして出演する同番組。世界の片隅で暮らす村人たちの幸せの秘密に迫るバラエティーで、村人たちがどんな場所でどんな物を食べて暮らしているのか、また日々何に悩み、何を楽しみにして生きているのか? という疑問に迫り、村人たちの幸せのために人生を捧げる人物"どエライさん"を探し出して密着する。

同番組のオファーがあった当時を千鳥のノブは「ビックリしましたね。本当か? と思いましたよ」と当時の心境を明かし、相方の大悟は「だからどっきりの可能性もあるのかと思いました」と回顧。MCとしてバラエティー番組初登場となる山崎も「基本的にバラエティー番組はドラマの宣伝以外は出ることがないので、お話を聞いて『えっ? 僕が?』と思ったしドッキリじゃないけどイメージが沸かなかったです」とオファー時は困惑したという。そんな彼らが初めて臨んだ収録だが、高見は「この組み合わせって不思議でしたけど、意外に初めてじゃないくらいの空気感がありましたよ」と手応えを掴んだようで、大悟も「俺も何回目というのは感じたね」と好感触の様子だった。

かつてはレギュラー出演した『ピカルの定理』(フジテレビ系)や『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)などの番組が終了し、"終わらせ屋"とも呼ばれている千鳥だが、大悟が「途中から入ると終わらせるけど、最初から入れば長く続きますよ」と反論。ノブも「今回の番組はないでしょう。条件付きの終わらせ屋ですよ」と異議を唱える場面も。特に人気が高かった『ピカルの定理』の打ち切りに大悟が「あの頃は終わりそうになってたから。もう終わりかけてたんでしょ」と笑わせた。さらに、今回の新番組についてノブが「今まで溜まっていた終わらせパワーは使い切りましたので、長寿番組になるように良いパワーが展開されると思います」と期待を寄せたが、威勢の良かった大悟は「まだ分かりませんよ。このパターンは(笑)」と弱気な面も見せていた。

マイナビニュース

「千鳥」をもっと詳しく

「千鳥」のニュース

BIGLOBE
トップへ