『ガンダムUC』ユニコーンのバーニアがタンブラーに、ガンプラ設定資料を使用

1月15日(月)21時12分 マイナビニュース

2018年3月発送予定「UNICORNGUNDAM バーニアタンブラーチタニウム」(8,640円/税込)

「ガンダム」の世界観と日本の伝統品・技術とを融合させる「Discovery-G」シリーズより、『機動戦士ガンダムUC』に登場する「RX-0 ユニコーンガンダム」の背部にあるバックパック内の円錐台をした噴射装置「バーニア」をモチーフにしたタンブラーが発売決定。「UNICORNGUNDAM バーニアタンブラーチタニウム」(8,640円/税込)として、現在プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。

「UNICORNGUNDAM バーニアタンブラーチタニウム」は、日本の伝統や優れた技術を、ガンダムの情報発信基地「Gundam Cafe」から広める「Discovery-G」シリーズの第十弾。2017年9月からダイバーシティ東京 プラザで実物大立像としても展示されている「RX-0 ユニコーンガンダム」の背部にあるバックパック内の円錐台をした噴射装置「バーニア」をモチーフにしている。

商品化にあたり、ガンプラとして既に販売されているRG、PG版などの設定資料を参考に、機能性、デザイン性を追求してタンブラーを設計。燕の金属加工職人が設計をもとに試作を重ねて誕生した。素材にはTP270チタニウムを使用。軽くて錆びず、耐久性に優れた理想の金属で、容器は「ダブルウォール構造」と呼ばれる中の温度が変わりにくい二重構造に。飲料の冷たさや温かさを長い時間保つことが可能となっている。

側面の波打つ凹凸のディテールは1枚のTP270チタニウム合金版よりスピニング加工(平絞り加工)で再現しており、これは熟練の匠にとっても非常に気を遣う作業。均一な波打ち形状、角度を表現するのはまさに職人たちの腕の見せ所となっている。また今回の表面加工は通常の磨き加工ではないブラスト加工を採用し、従来のバーニアタンブラーとデザインを一新。圧縮した空気を利用して、製品に研磨材(小さな粒)を打ち付けるブラスト加工をすることで、金属表面はマットで上品な仕上がりとなっている。

(C)「UNICORNGUNDAM バーニアタンブラーチタニウム」

マイナビニュース

「ガンダム」をもっと詳しく

「ガンダム」のニュース

BIGLOBE
トップへ