中居正広「平昌五輪キャスター就任」も裏では就活中

1月15日(月)10時30分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



中居正広がTBSで平昌五輪のメインキャスターを務めることが分かった。


【関連】中居正広「不潔すぎ」スタジオと視聴者が戦慄 ほか


「中居は2004年の夏季アテネ五輪から夏冬8大会連続で五輪キャスターを担当しています。それこそジャニーズ事務所の代表として起用され続けています」(ジャニーズライター)


今回の起用に関して中居は「さまざまな選手の取材をさせていただき、生の『感謝の思い』をテレビの前の皆さんにお届けできればと思います」とコメントをし、すでに取材を始めていることも明かしている。


「中居のスポーツ好きは有名ですが、今回は出演中のレギュラー番組をどんどん先撮りして現地に張り付くという話も聞こえてきています。五輪ですからバラエティー番組で見せるような軽いノリではなく、ジャニーズ事務所のために粉骨砕身で働くようです」(同・ライター)


その中居が、木村拓哉とともにジャニーズ事務所から独立の準備をしていると、あるニュースサイトが報じている。


「木村が独立するという話に関しては“ガセ”だという見方が多数を占めています。SMAP解散の原因にされ、いままた裏切ったら、もう芸能界での仕事はなくなるでしょう。ただし、中居に関しては怪しい動きを見せているといいます」(同・ライター)



目標は薬丸裕英


中居はSMAPの解散前よりも仕事が増え、いまではジャニーズ事務所のなかでもかなりテレビ露出の多いタレントとなっている。


「中居は香取慎吾に何度も連絡をし、ジャニーズを辞めたあとの筋道を作っておこうとしています。また、木村が稲垣と和解をしたという話を聞きつけ、稲垣にも連絡しているようです」(女性誌記者)


中居は、ジャニーズ事務所に“忠誠”を尽くすつもりなどさらさらないようだ。


「中居はジャニーズを辞めて大手芸能プロダクションの傘下に入った薬丸裕英のことを目標にしているようです。香取らと連絡を取りながら、一方では大手の芸能プロ入りを狙っています」(同・記者)


今後、ますます中居の“就活”は激しくなりそうだ。



まいじつ

「五輪」をもっと詳しく

「五輪」のニュース

BIGLOBE
トップへ