“演歌”AKB岩佐が40年ぶり快挙、デビュー2作連続でトップ5入り。

1月15日(火)4時0分 ナリナリドットコム

AKB48初の演歌歌手として、昨年2月1日に「無人駅」でソロデビューした岩佐美咲(17歳)の2ndシングル「もしも私が空に住んでいたら」(1月9日発売/徳間ジャパンコミュニケーションズ)が、発売初週で1.9万枚を売り上げ、1月21日付けのオリコン週間総合シングルランキング(集計期間:1月7日〜13日)で初登場5位を獲得したことがわかった。

ソロデビュー作「無人駅」では最高位5位を獲得し、「あじさい橋」(1986年6月発売)の城之内早苗(44歳)以来、女性演歌歌手25年7か月ぶりのデビュー作TOP10入りを果たした岩佐。女性演歌歌手によるデビューから2作連続TOP5入りは、1972年10月30日付けで「せんせい」(1972年7月発売・最高位3位)、「同級生」(1972年10月発売・最高位4位)で達成の森昌子(54歳)に続く40年3か月ぶり、史上2人目の快挙で、デビューから2作連続“初登場”TOP5入りは史上初の記録となった。

本作には、表題曲の「もしも私が空に住んでいたら」、AKB48「フライングゲット」の演歌バージョンのほか、初回限定盤には城之内早苗のデビュー曲「あじさい橋」(1986年6月発売・最高位1位)のカバー、通常盤には石川さゆり(54歳)「津軽海峡・冬景色」(1977年1月発売・最高位6位)のカバーが収録されている。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

演歌をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ