「ケインが鉄拳に主演」は誤報、公式サイトで“不手際”をお詫び。

1月15日(水)6時22分 ナリナリドットコム

デスティニープロダクションは1月14日、昨年末にケイン・コスギ公式サイトに掲載し、ネットニュースサイトなどでも報じられた「ケイン・コスギが大人気格闘ゲーム『TEKKEN』を原作にした映画の主演決定」との情報が誤りだったと謝罪した。

この一件は昨年12月27日、公式サイトで「TEKKEN」原作の映画に主演すると告知したもの。そして、一部ニュースサイトが「タイトルは『TEKKEN-A Man Called X(原題)』」「2009年の映画『TEKKEN -鉄拳-』の前日譚にあたる内容」などと伝えていた。

今回の謝罪は、そもそも公式サイトでの発表が誤っていたとの内容で、「ケイン・コスギが主演を予定している映画は『AGENT X(仮)』という作品でございます。弊社側の不手際で、関係者の皆様に御迷惑をおかけしました事を心より深くお詫び申し上げます」としている。


☆ゲーム「鉄拳」の原田勝弘プロデューサーもコメント

バンダイナムコゲームスで「鉄拳」シリーズを手がける原田勝弘プロデューサーは1月14日、Twitter公式アカウントで今回の誤報について言及。「何らかの誤解に基づく誤報だったようです。そりゃ私にとっても寝耳に水どころの騒ぎではありませんでしたからね。。。むしろ社内で下からもお偉方からも僕に問い合わせが来て大変な数日間でした。いや、どうなってんのか俺が聞きたいわ!」と、対応に追われたことを明かしている。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ケイン・コスギをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ