相田翔子、Wink時代に恋人がお金使い込み破局

1月15日(日)7時22分 ナリナリドットコム

タレントの相田翔子(46歳)が、1月13日に放送されたバラエティ番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)に出演。一世を風靡した女性デュオ・Wink時代にトラック運転手と交際していたことを明かした。

相田はこの日、“ほろ苦い恋の話”として、「20歳くらいですね、Winkで一番忙しいときに恋をして…」と告白。なかなか表立ってデートができる環境ではなかったため、「ショートカットのかつらをかぶって、ホクロとかいっぱい描いて…」隠れながらデートしていたという。

お相手の男性は「近所の同級生」で、「本当に普通の、4tトラックの運転手」だったそうで、「家が近所だったので、すごくホッとして。いっぱいしゃべってるうちに恋に落ちて」と、若き日の想い出を振り返った。

多忙の中で隠れながらの交際だったため、デートは「彼が4tトラックを運転していたので、その横(助手席)に乗せてもらって」配達にくっついて行ったりもしたそうだ。

そんな2人の破局理由について、番組MCの上沼恵美子は「向こうが手を引いたんですよ。スターですから」と、ドラマのようなストーリーを想像しながら推測したが、相田が語ったのは「2人で積み立てしていたらそれを使い込まれて別れました」と予想外の答えで、スタジオ全員を驚かせていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

相田翔子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ