BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「トラブってる?」絶賛炎上中の『グラブル』、返金に対する返答も酷く「法的に大丈夫なの?」「通報しろ」と危機的状況!?

おたぽる1月15日(金)21時0分
画像:『グランブルーファンタジー』公式サイトより。
写真を拡大
『グランブルーファンタジー』公式サイトより。

 松重豊、菅田将暉、早見あかりらが出演するCM「グラブってる?」でお馴染みのスマートフォン向けRPG『グランブルーファンタジー』(Cygames)。早くもTVアニメ化が決定するなど話題を集めている一方で、現在、ゲーム自体は絶賛炎上中だったりする。ついには消費者庁の立入検査を求める署名まで始まっているこの問題を、発端から最新情報まで簡略にお伝えしよう。

 サウンドディレクター・植松伸夫氏、アートディレクター・皆葉英夫氏のファンタジーRPG『グランブルーファンタジー』は、ほかのスマホゲーに漏れず“ガチャ”が物をいう、いわゆるガチャゲーだ。炎上の始まりも、そのガチャ。

 昨年12月31日にユーステス、ベアトリクスなどと一緒に追加された新キャラクター・アンチラ。新キャラクターであることに加え、新たな十二神将ということで、プレイヤーの多くが求める人気レアキャラに。その気持ちを汲んでか、運営は期間限定でアンチラ含む新規キャラクターの出現率がアップするイベントを開催したのだが、ニコニコ生放送にて「アンチラを引くまで回すのをやめない」というガチャ実況をしたユーザーが現れたことで、その出現率の低さが明るみになる。なんと、そのユーザーはアンチラを引くまでに、2,276回(70万円弱)もかかったのだ。

 Twitter上でも同じような報告が見られ、ユーザーの多くはアンチラの出現率を疑い始めた。無論、確率の上での話であり、数回でアンチラをゲットするユーザーも存在する。ただ、そうしたユーザーに対し、疑いを持ったりゲットできなかったりしたユーザーの中には、「ステマだろ」と怒りをぶつける者も見られた。『グラブル』出演声優・田中理恵(ロゼッタ役)も疑われた一人だ。

 また、ベアトリクスの性能表記に誤りが見られたり、アンチラと他のキャラクター、両方を持たないと発生しないイベントがあることなども、ユーザーに火をつけた。

 そして、ついに「ソーシャルゲーム業界内部の実態を明らかにし、ソーシャルゲームに関するガイドラインを厳密化することで、誰もが安全にゲームが遊べる世の中であってほしい」という願いから、納得できないユーザーたちが立ち上がり、1月7日に「グランブルーファンタジー運営会社に消費者庁による立ち入り検査を求める」という署名活動を開始。こちらは現在(1月14日)、賛同者数が2,000人を突破している。

 そうした背景もあってか、運営側は8日、出現率とベアトリクスについてゲーム内で謝罪文を掲載。ただ、アンチラの出現率が低かったのかどうかなど、肝心な部分は触れられておらず、「謝罪になってない」「ふざけるな」「バカにするのもいい加減にしろ」と、火に油を注ぐ結果に。

 もちろん、多額を投じたにも関わらず、満足のいく結果が得られないのだから、返金を求めるユーザーもいる。ところが、あるユーザーが『グランブルーファンタジー』を提供しているモバゲーに返金を求めたところ、「モバゲー通帳の過去の履歴についてお問い合わせいただきましたが、モバゲー通帳は最新の獲得/消費履歴からみて90日以上経過したものは、順次消去され閲覧できなくなります」との答えが返ってきたという噂がネットに流れ、「モバゲー最悪」「クソすぎる」「消しちゃうとか法律的にどうなの?」「これは通報事案だな」などの声が上がった(公式からのアナウンスはないので100%真実かどうかは定かではないが)。

 バンバンTVCMが流れるなど、プレイしていないと華やかなイメージがある『グランブルーファンタジー』。しかし一方では、「トラブってる」という言葉が頻繁に飛び交い、いまだ多くのプレイヤーが各キャラの発生率について、納得しかねる状況を招いてしまっている。射幸心を煽りすぎたパチンコ・パチスロも警察が介入し、規制が厳しくなったりしている。ガチャゲー全体に及ぶ大問題に発展したりしないとよいのだが……。

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
注目ニュース
「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然 まいじつ9月21日(木)17時30分
(C)Shutterstock窪田正孝や永野芽郁、新田真剣佑といった若手の人気キャストをそろえ、漫画作品をドラマ化した『僕たちがやりました…[ 記事全文 ]
斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンティー被り写真」が重大とのワケは... J-CASTニュース9月21日(木)18時24分
不倫騒動で揺れる斉藤由貴さん側が、次期NHK大河ドラマ「西郷どん」への出演を辞退する申し出を行った。NHKが2017年9月21日、発表した。[ 記事全文 ]
陣内智則「面白さのカケラもなくなってる」 ネットニュースが書けなかった本当の面白さとは... J-CASTニュース9月21日(木)20時5分
お笑い芸人の陣内智則さん(43)が、テレビ番組での発言をもとに書かれたインターネットニュースに対し、「微妙な書き間違えでニュアンスも変わり…[ 記事全文 ]
NEWS手越祐也によるイモトアヤコの“安室愛”への神反応が話題「ステージに立つ人だからこそわかること」 モデルプレス9月21日(木)15時2分
【手越祐也/モデルプレス=9月21日】歌手の安室奈美恵が20日、来年9月16日で引退することを発表。[ 記事全文 ]
本田翼「演技力成長ゼロ」SPドラマで酷評 まいじつ9月21日(木)10時35分
(C)まいじつ9月20日放送のドラマ『地味にスゴイ!DX校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)に出演した本田翼の演技が「相変わらず下手」だ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然まいじつ9月21日(木)17時30分
2 陣内智則「面白さのカケラもなくなってる」 ネットニュースが書けなかった本当の面白さとは...J-CASTニュース9月21日(木)20時5分
3 安室奈美恵引退の「経済効果」は兆単位!?まいじつ9月21日(木)17時31分
4 斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンティー被り写真」が重大とのワケは...J-CASTニュース9月21日(木)18時24分
5 本田翼「演技力成長ゼロ」SPドラマで酷評まいじつ9月21日(木)10時35分
6 NEWS手越祐也によるイモトアヤコの“安室愛”への神反応が話題「ステージに立つ人だからこそわかること」モデルプレス9月21日(木)15時2分
7 フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由アサ芸プラス9月21日(木)5時59分
8 マリオ新作、シリーズ初の「年齢指定」 理由は...「マリオの海パン」!?任天堂に聞くJ-CASTニュース9月21日(木)7時0分
9 <TGS2017美女図鑑>東京ゲームショウ2017を彩る美人コンパニオンたちを一挙掲載BIGLOBEニュース編集部9月21日(木)17時44分
10 「安室引退」速報後、ツイッター人気ぶっちぎり1位を奪った「マーリン」って誰? J-CASTニュース9月21日(木)15時37分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア