注目ワード水曜どうでしょう・新作 映画・宇多田ヒカル 中国・メディア ロハス製薬・容姿の良し悪しで異性 けものフレンズ・たつき監督 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

房総沖の巨大地震 津波が沿岸部都市を瞬時にのみ込む可能性

NEWSポストセブン1月15日(火)16時0分

 東日本大震災から1年10か月。いまだ衰えぬ余震のエネルギーが、関東地方に巨大地震を起こす危険性を高めているという。政府が2年ぶりに公表した「全国地震動予測地図」から、危機の現実を検証する。


 とくに注目されたのは千葉市と水戸市で、今後30年の間に「震度6弱以上の地震に襲われる確率」が、2010年に比べて急上昇している。千葉は63.8%から75.7%へと11.9%上昇し、水戸に至っては31.3%から62.3%へと2倍近くに跳ね上がっている。


 これは12月21日に政府の地震調査研究推進本部が公表した「全国地震動予測地図」(以下、「地図」)の2012年版に記された数字だ。


 2011年版は東日本大震災の影響で見送られたが、2009年、2010年にも発表されていた。そして今回の予測地図は、「3・11」を機に大幅に見直されたものだという。なぜこれほどまでに確率が上がってしまったのか。


「地図」を公表した文部科学省研究開発局地震防災研究課の担当者は、その理由をこう説明する。


「今まで想定されていた最大級の地震は、過去に起きた最大の地震と同程度と考えられていました。しかし、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災の原因となった地震)は、予想を超える大きなものでした。


 今後は、房総沖や茨城県沖でも今まで想定されてこなかった地震が起こる可能性もあると判断し、最大地震をこれまでのM7からM8まで引き上げました。その分、千葉や水戸で予想される震度が大きくなるとも言えますので、震度6弱以上の地震が発生する確率が高くなったのです」


 房総沖や茨城県沖には地震を発生させるエネルギーが溜まっていると、武蔵野学院大学特任教授(地震学)の島村英紀さんは言う。


「北海道から千葉県にかけての太平洋沖はプレートの運動でエネルギーが溜まりやすく、たびたび地震が発生します。三陸沖から福島県沖にかけては、東日本大震災とその後の余震で、蓄積されていたエネルギーが大きく解放されました。しかし、その南隣は巨大地震が発生せず、エネルギーが蓄積された“空白域”になっています。房総沖や茨城県沖で地震が起こりやすくなっているのは確かです」


 地震には海溝型と内陸直下型の2通りあるが、ここで問題となっているのは東日本大震災と同じ海溝型の地震だ。海溝型の地震とは、地球を覆うプレートとプレートがぶつかるところで起きるもの。日本列島の東側で東西からぶつかる北米プレートと太平洋プレートの間で起こる地震がM8以上の規模になることもあり、津波が発生する危険性が高いのだ。


 M9を記録した東日本大震災では死者1万5878人、行方不明者2713人(12月19日現在)もの犠牲者を出したが、その多くは秒速8mで押し寄せた高さ20m超の巨大津波によってさらわれた人たち。今回、千葉・水戸に震度6弱以上の揺れをもたらす地震の規模はM8と想定されており、東日本大震災に匹敵する巨大津波が首都圏を直撃することもありえる。


「房総沖もしくは茨城県沖の震源の浅い地点でM8の地震が発生した場合、東日本大震災と同程度の津波による被害が予想されます。実際に起こってみないとわからないことが多いのですが、高さ数m以上の津波が沿岸部の都市を瞬く間にのみ込むことになるでしょう」(前出・島村さん)


 今からおよそ300年前に房総沖を震源とするM8前後の大地震が発生している(元禄関東地震)。この時の死者は1万人。もし同規模の地震が起きれば、「人口が当時に比べてはるかに多いため、被害は元禄関東地震の20〜30倍以上になりかねません」と島村さんは警告する。


※女性セブン2013年1月24日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン
関連ワード
地震のまとめ写真 房総沖のまとめ・写真 津波のまとめ写真 都市のまとめ写真

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「地震」「房総沖」「津波」「都市」の関連トピックス

「地震」をもっと詳しく

注目ニュース
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
ナゾの「女性ヒーロー隊員」にネットざわつく もしかしてアノ声優? ダイドーに聞くと... J-CASTニュース9月25日(月)16時25分
ダイドードリンコの「ダイドーブレンド」ブランドの新しいテレビCMに、チラリと登場する「女性ヒーロー隊員」が誰なのか、ネットがざわついている。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア