町内会に対する不満あるも入った途端に住民が優しくなることも

1月15日(金)16時0分 NEWSポストセブン

 小栗旬・山田優夫婦が町内会に入っていなかったことが報じられ、町内会の委員が2400円を支払って欲しいとの希望をもらしたことでにわかに注目を集めている「町内会」。世の人々も町内会については言いたいことがあるらしい。


【山梨県在住40代女性】

「離婚して今の一戸建てに越したんですが…お金の余裕もないし、仕事と子育てに忙しく、家には帰って寝るだけの生活。だから町内会には入らなかったんですが、うちの前の公道にあるいちょうの木を巡って町内会に入ることになりました。


 秋に葉っぱや銀杏が落ちたんですが、うちの周りの公道だけ、どんどんたまる一方。あげくには、“銀杏を踏んだ靴でこのあたりを歩かないで。掃除した意味がなくなるから”って。しかも“歩くなら、汚い靴に、ビニール袋をかぶせて歩いて”とまで言われました。町内会に入ったら、“母子家庭だから大変でしょ。困ったことがあったら言ってね”って、ものすごく優しくなって、逆に人間不信になりましたよ」


【東京都在住40代女性】

「結婚して下町に引っ越したんですが、町内会には入りませんでした。そしたら“ゴミ収集所には出さないで”と注意され…。町内会に入っている人が、からすにゴミをあさられないために網をかけたり、その場所を清掃しているから、加入していない人は使ってはいけないということでした。ゴミ収集所といっても、公道なんですけどね」


【大阪府在住60代女性】

「もう何十年も、月200円の町内会費を集めています。阪神・淡路大震災の時は加入率が上がりました。救援物資が町内会ごとに配布されたとき、町内会に加入していない人の手元には救援物資が回らないものがあったんです。その不安から、若い人を中心に加入が増えたんですが、あれから20年も経って、また加入率は下がっていますね。


 でも少し前に、集めたお金を何に使っているか説明しているとき、防犯カメラの設置の話をしたら、それまで加入していない人で入った人がいました。使途が明確で時代のニーズに合っていれば、“入る”となる場合もあるんですねえ」


※女性セブン2016年1月28日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

不満をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ