日本共産党OB 18歳前後の女性に安倍嫌いが多い理由語る

1月15日(金)7時0分 NEWSポストセブン

元共産党参院議員の筆坂秀世氏

写真を拡大

 衆参ダブル選から野党連合まで、参院選に向けて永田町がせわしなくなってきた。この混迷の行方を読み解くには、温故知新に頼るしかない。政界OBの“老人党三役”のお出ましである。村上正邦(83歳・元自民党参院議員)、平野貞夫(80歳・元民主党参院議員)、筆坂秀世(67歳・元共産党参院議員)の3氏が語り合った。


──安倍政権が衆参ダブル選に打って出るという予測が出ています。


村上:私は、可能性はゼロじゃないと思うね。それに、年初からイラン・サウジの国交断絶や北朝鮮の“水爆”実験など、世界はまさに歴史的大転換期を迎えている。我が国の正念場だよ今年は。


平野:私もダブルはあり得ると思う。


村上:だけど、やったら負けると思うな、自民党は。


平野:ええ、負けますね。


筆坂:あんまり嵩にかかったようなことをやったら、僕は裏目に出ると思う。それは傲慢や横暴と映るしね。


平野:一昨年の総選挙の票から分析すると、野党共闘で共産党が今までしなかった候補者調整をしたら、自公は議席を減らすでしょう。


村上:田中角栄さんもそうだったけど、選挙改革をやったときの自民党は、我田引水で自分たちが有利になると思って、選挙もやるんだけど、そういうときはだいたい裏目に出ている。18歳選挙権がそうですよ。


筆坂:たしかに、いまの女子高生、18歳くらいの若い女の子たちって、安倍嫌いがすごいらしいの。なぜかというと、恋人が戦争に連れて行かれるからだって(笑い)。やっぱり、SEALDsの主張に感化されているんだ。


平野:それと、いまの若い子たちには共産党に対するアレルギーがない。


筆坂:そうそう。だって、生まれたときにはもう、ソ連なんかなかったんだから。


村上:だけど、安倍さんは低所得の高齢者に一律3万円給付するというでしょう。これは明らかに選挙対策ですよ、3万円で老人の票を買っているんだよ。


平野:まあ、もらった人は悪い気はしない(笑い)。


村上:みんな喜ぶんだよ。経済優先の安倍政権がそういう社会にしちゃったんだ。


筆坂:僕は、軽減税率も3万円特別給付も、どっちも反対だね。特別給付なんて面倒なことをするなら、消費税を一律7%に下げりゃいいじゃないか。


平野:この特別給付には重大な問題がありましてね。年金収入が155万円以下の高齢者1250万人に配るっていうでしょう。ところが、地方に行くと年金はもらってないけど大金持ちって人がいっぱいいるんです。公共事業とかショッピングセンターの建設とかで、田んぼや畑を売って金持ちになった人が大勢いる。金持ちにもばらまくわけで、こんな不公平はない。


村上:野党が国会で追及すればいいんだよ。


※週刊ポスト2016年1月29日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

共産党をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ