西川史子の「合コンダメ出し女反省会」一部始終

1月15日(日)7時0分 NEWSポストセブン

通行人が二度見するほど目立っていた

写真を拡大

「ペットロスや更年期とかいろいろ重なって……でも、もう大丈夫です!」──急性胃腸炎で休養中だった女医でタレントの西川史子(45)が、今月8日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)でテレビ復帰。全快をアピールした。


 元気を取り戻せたのは1か月にも及ぶ療養のおかげだろう。しかし派手な私生活で知られる西川は、その期間中に“リハビリ”にも励んでいた。


 昨年末、忘年会客でごった返す東京・赤坂。ピンクの毛皮のコートにまばゆいシルバーのドレスというド派手な出で立ちの西川は、スマホのカメラを向ける通行人を気にもとめず、高級和食店に入店した。


「この日の会合は、西川さんの快気祝いを兼ねた合コン。男性側の幹事は40代前半の会社経営者で、既に西川さんと何度かデートもしている“イイ関係”の男性でした」(西川の知人)


 約3時間半後、一行は店を出ると男性陣とは別れ、女性陣だけで二次会へ。そこで大反省会が始まった。


 頬を赤らめワイングラスを傾ける西川は、


「あの男は私と付き合いたいらしいけど、ワインがウリの店で焼酎を飲むような男はありえないよね。車も持ってないのよ!」


 とこぼせば、女性たちも同調。


「前に付き合いたいって言ってた男は1000万円のダイヤを買ってくれようとしたでしょ。やっぱりそのクラスじゃないと!」


 おそらく男性陣に対する不満なのだろう。酒と毒舌にまみれた女子会は約1時間続いた。帰り際、西川は「今日のためにバリッバリに頭を固めてきたのに!」と、整えられた髪を掻きむしりながらタクシーに乗り込んだ。前出の知人が言う。


「離婚から3年が過ぎた西川さんは、独り身が寂しくなったとかで、目下、新しい恋を求めて頻繁に合コンに参加しているようです」


 11日の夕方、美容院帰りの西川を直撃した。


──先日の赤坂の合コンは失敗ですか?


「ただの知り合いとの会だったから……」


──女子会で毒づいていましたよ。


「やだ、恥ずかしい!(笑)久しぶりに飲んだから、酔っ払ってたんだわ、きっと」


──良い相手はなかなか見つかりませんか?


「本当にいない! 今の私を癒やしてくれるのは男じゃなくて犬(笑)。でも今年中には相手を見つけられるよう頑張るから!」


 そう言うと、カットしたばかりの髪をなびかせ去っていった。今度こそ、ハイクラスな相手と出会えたのだろうか。


※週刊ポスト2016年1月27日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西川史子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ