伝説女優・白石ひとみ 19年ぶりに沈黙破ったインタビュー

1月15日(日)7時0分 NEWSポストセブン

 引退後、公の場から姿を消していた伝説的AVアイドル・白石ひとみ(45)が19年ぶりに沈黙を破った──。その肉声インタビューをお届けする。


 * * *

 ラストヌードを撮影したのは20年以上前ですが、今でも鮮明に覚えています。


 フランスのノルマンディー海岸にある町、カブールに1週間程滞在しました。宿泊先は築100年を超える古いホテルで、私の泊まった部屋は『失われた時を求めて』などで有名なフランス人作家、マルセル・プルーストが執筆のためによく使用していたそうです。


 初日の撮影が終わり、そろそろ寝ようかなとベッドに入った瞬間、電気が消えて真っ暗になりました。停電かと思いましたが、なぜか浴室のグリーンの光だけが急に点滅し始めたんです。「プルーストの霊が出た!」とすごく怖くなって、スタッフと部屋を変えてもらいました。


 学生時代はどちらかというと地味な方で、もともと芸能界とかAV業界のような表舞台には興味がありませんでした。街でスカウトされて、遊び半分で事務所について行きました。


 そこで見せてもらった作品に、偶然にも高校の先輩で、校内で有名な美少女だった星野ひかるさんが出ていたんです。それで、星野さんのいる世界ならやってみてもいいかもと心変わりしました。


 1990年にデビューしましたが、雑誌に宣伝記事が出たことで親にバレてしまい、辞めさせられました。でも、親に怒られたから辞めた、というのは情けないなと思い、親を説得し1年後に復帰したんです。


 でも、「縄で縛られるのは嫌」など私はNG項目をたくさん作っていました。今考えれば、わがままな娘をよく女優として使ってくれたなと思います。


 ラストヌードとなったのはAVを引退後、22歳の時の作品です。カメラマンの勧めで、最終日に髪をばっさり切りました。こんなに短くしたのは、中学校のソフトボール部でファーストを守っていた時以来でした。髪を切ったことで、外見だけでなく内面もすごく軽くなって、笑顔が増えました。


 心霊体験から断髪までいろいろあったこの撮影は、今でも大切な思い出です。


●白石ひとみ(しらいし・ひとみ)/1971年12月25日生まれ。東京都出身。1990年『官能姫』でAVデビュー。清楚なルックスと大胆な演技力で人気を博す。1994年にAV女優を引退し、以後女優としてVシネマやドラマに出演していたが、1998年に芸能界を引退した。


※週刊ポスト2017年1月13・20日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

伝説をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ