『西郷どん』衝撃展開 西郷と大久保が黒木華を巡り三角関係

1月15日(月)16時0分 NEWSポストセブン

序盤の見どころは?(NHK提供)

写真を拡大

 明治維新150年の節目にスタートしたNHK大河ドラマ『西郷どん』が、序盤からすでに“史上最も展開が読めない大河”と話題だ。総力取材で本誌・週刊ポストだけが知った序盤の見どころを4点紹介する。


●西郷、大久保が黒木華を巡って三角関係に!?


 第1話の冒頭は西郷隆盛鈴木亮平)の3番目の妻・糸(黒木華)が、上野の西郷像の除幕式に出席するシーンから始まった。その後、時間は西郷の幼少期に遡り、糸が幼い頃から西郷を恋い慕っている様子が描かれた。だが、その糸に先に惚れるのは大久保利通(瑛太)なのだ──物語序盤から三角関係が展開される。


 こうした演出は原作者の林真理子氏が『源氏物語』の光源氏を西郷のモチーフにしているからだという。原作、ドラマ共に時代考証を担当した志學館大・原口泉教授が明かす。


「西郷は島流しにされた奄美大島で愛加那(二階堂ふみ)と子供を作ります。その後、糸と結ばれますが、源氏物語で光源氏との子供を不本意ながらも養女に差し出した明石の御方が愛加那で、生涯の恋人であり正妻だった紫の上が糸になるように描かれています」


 史実では糸は西郷の“15歳年下”なので、幼少期を共にするのも、大久保との三角関係もフィクションだが、今回の大河では「演出の範囲内」と原口氏。


●ロシアンルーレットで藩主に就任する島津斉彬


 鹿賀丈史が演じる薩摩藩主・島津斉興は、嫡男の斉彬(渡辺謙)に対して、家督の禅譲を拒否する。


 説得は時間の無駄だと得心した斉彬は、二丁の短銃を手にして、「天の声を聞こう」と提案する。一方の短銃にのみ銃弾を入れて斉興に選ばせ、その短銃をこめかみに当てて引き金を引く。命懸けの“ロシアンルーレット”に勝利した斉彬は、薩摩藩主となる。


●西郷の出世のきっかけは“ガチンコ相撲”!?


 島津家別邸で開かれた御前相撲で、見事優勝を果たした西郷に、斉彬が「次はわしと! いざ勝負じゃ!」と申し出る。これに西郷もガチンコ勝負で挑み、あろうことか土俵下にまで投げ飛ばしてしまう。


 結果、牢獄へと入れられてしまうが、その薩摩隼人ぶりが斉彬のお眼鏡にかない、西郷は出世街道へ。


 歴史作家の井手窪剛氏によれば、「西郷家には相撲がたいそう強かった剛力の祖先がいたのは史実」とか。


●西郷がジョン万次郎と牢屋で鉢合わせ!?


 斉彬を投げ飛ばした不敬の咎で牢に入れられた西郷は、そこで異国の歌を唄う風変わりな日本人と出会う。その男こそ、米国船で薩摩藩に密航し、捕らえられたジョン万次郎。史実でも確かに琉球で拿捕され、薩摩に連行されているが……。


「斉彬が万次郎に質問をした記録は残っています。ただ万次郎を斉彬に引き合わせたのが西郷というのは少し無理がある」(井手窪氏)


※週刊ポスト2018年1月26日号

NEWSポストセブン

「黒木華」をもっと詳しく

「黒木華」のニュース

BIGLOBE
トップへ