大江麻理子 メインキャスターの座に就くことで見えた景色

1月15日(火)7時0分 NEWSポストセブン

「WBS」を担当する大江麻理子

写真を拡大

 平日夜の経済ニュース番組『WBS(ワールドビジネスサテライト)』(テレビ東京系)のメインキャスターを務める大江麻理子(40)。2013〜2014年には米・ニューヨーク支局へ赴任し、帰国後の2014年春にアナウンス部から報道局へ異動して同番組へ出演している。


「支局での経験は礎となっています。世界経済の中心地ではこういう方々に会えるのかと感動する日々で、ダラス連銀やサンフランシスコ連銀の当時の総裁にインタビューができたのはとても刺激的でしたね。ただ支局時代とは米国の状況も変わり、過去の経験に固執しすぎると物事を見誤ってしまう可能性があります。いったんまっさらになって、“知ったつもりになってはいないか”と自分を問い質し、フラットになることも大切だと思っています」


 番組での彼女のコメントや質問は視聴者目線でわかりやすいが、そこもまた「フラット」な感覚と通じている。


「ゼロの状態で経済ニュースに触れて見えてくる本質や核心を視聴者の皆さんにしっかりお伝えしたいので、世の中の肌感覚とずれてしまわないように意識しています。6代目のメインキャスターとなった当初は“私がこれを言うことでどんな影響があるだろう”と思うと怖さで不安が渦巻いて、すごく緊張しました。


 緊張感は変わらずありますが、番組が30周年を迎えた昨年4月から経済ニュースのプロである滝田洋一さんと山川龍雄さんが解説キャスターに加わってくださったのがとにかく心強い! “私はここがどうしても引っかかるのですが、この感覚ってどうなんでしょう”と折に触れておふたりに相談しています」



 アナウンサーとして入社した2001年からの7年間にも『WBS』に携わっていたが、メインキャスターの座に就くことで見えてきた景色があると語る。


「ニュース番組は個ではなく、チームで成り立っているということです。時差の関係で米・トランプ大統領は『WBS』の時間帯に活発に動き、当日の放送内容にピッタリな事柄をツイッターで発信したりするんです。するとフロアディレクターから、すぐに指示が出されて放送に組み込まれます。そんな時に自分で意味や解釈まですべてを処理するとなると大変ですが、隣に解説キャスターやコメンテーターの方々がいらっしゃるので動じずに進行できる。放送に携わる全員が協力してひとつの番組ができているのだと、スタジオの真ん中の席に座ってあらためてよくわかりました」


 そこにはもちろんヘアメイクや衣装など、すべてのスタッフが含まれる。


「オンエア前の21時くらいから(放送が終了する)24時くらいまでは緊張状態が続くので、ずっとアドレナリンが出続けているのか、朝まで眠れなかったりすることもあるんです。それくらい集中しているので、例えば本番の衣装に合わせて靴やアクセサリーはどうしよう、と身だしなみを考える余裕もなくなってしまう。ですが『WBS』ではスタイリストさんがいて、本番前に放送以外のことは何も考えなくていいようにすべて整えてくださるんです」



 だが放送に集中するあまり、思わぬところでうっかりミスをすることも。


「先日、番組冒頭で挨拶をしてCMに入ったら『大江さん、なんか服が毛だらけなんですけど?』と言われまして。本番前に羽織っていた毛布の毛が付いていて、フロアさんにガムテープで急いで取ってもらいました(笑い)」


 先々月には週を跨いで金曜・月曜に同じ衣装で出てしまったとツイッターで明かし、ファンからは「らしい」「らしくない」と感想が寄せられた。


「らしい、だと思います(照れ笑い)。『WBS』のキャスターとしての印象が強いのか、“『モヤさま』(初代アシスタントを務めたバラエティ『モヤモヤさまぁ〜ず2』)の色を消そうとしているんじゃないか”というような声もあるのですが、自分では意識をしていなくて、それも含めて私を作ってきたものなので大事にしたいと思っています」


 昨年10月に40歳となった。



「30代最後の日は報道を志すきっかけとなった中国を旅行しました。歴史の舞台・敦煌を訪れ、“自分が毎日伝えているニュースもいつか歴史になるんだな”と感慨深かったです。『WBS』では日々のニュースに加え、世界経済の変調や社会の変革、最先端技術や医療など、私たちが感じた“これからこういう潮流になりそうだよ”“世の中はこうなっているよ”ということを付加価値として提示しています。その挑戦のために私たち『WBS』のスタッフ全員が多方面へアンテナを張り巡らせていなければいけないな、と感じています」


 40代へ突入した現在を「不惑ワクワク!」と形容した大江は、好奇心いっぱいの表情でこの先へ想いを馳せた。


【PROFILE】おおえ・まりこ/1978年生まれ、福岡県出身。2001年にアナウンサーとしてテレビ東京へ入社。『WBS』『出没!アド街ック天国』『モヤモヤさまぁ〜ず2』、ポッドキャスト番組『日経ヴェリタス大江麻理子のモヤモヤとーく』などに出演。2013年にニューヨーク支局へ赴任し、『Newsモーニングサテライト』のNYキャスターを務めた。2014年4月から『WBS』(平日23時〜)6代目メインキャスター。


●撮影/熊谷貫 取材・文/渡部美也


※週刊ポスト2019年1月18・25日号

NEWSポストセブン

「大江麻理子」をもっと詳しく

「大江麻理子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ