粗品、人前でブチ切れるスタッフを見て… 番組で行なった提案に共感の声

1月15日(金)16時31分 しらべぇ

霜降り明星・粗品

14日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビ・霜降り明星が出演。演者の前で部下を怒鳴りつけるスタッフを目撃した粗品がある提案を行い、反響が相次いだ。


■「演者の前でブチギレ禁止」

この日の番組では、「業界 未来への提案」と題し、20代の芸人たちがテレビや芸能界の風習に物申す企画を実施。粗品は、「演者の前でブチギレ禁止」という提案を行なった。

その理由として、自身の冠番組『霜降りバラエティ』(同局系)の収録中、演者には優しいが部下を大声で怒鳴りつけるスタッフがいることを明かす粗品。

他の番組でも、ある女性スタッフが粗品にサプライズで出演予定だった芸人をバラしてしまい、その様子を見た男性ディレクターが「お前何しとんねんコラ!」と怒鳴る場面を目撃したこともあったという。


関連記事:霜降り明星・粗品、熱愛噂される本田翼にマジ告白 「結婚してくれ」

■怒鳴りつけるスタッフ以外にも…

粗品の提案には、麒麟・川島明も賛同。以前、番組収録の際楽屋に入り、川島が「あ、弁当ないんだ…」とつぶやくと、それを聞いていたディレクターが廊下でミスした部下を叱り、その怒号が楽屋まで聞こえてきたことがあったという。

こうした派手に部下を怒鳴りつけるスタッフの他、明らかに不仲であることがわかるディレクターとカメラマンのやり取りなど、スタッフあるあるで盛り上がりを見せた。

■「一般社会にも言える」と反響が

部下にブチ切れるスタッフや、冷戦状態のスタッフと、様々なエピソードが飛び出した同日の放送。スタジオでは、出演者が口々に「あるわ」「怖いっすよね」と漏らしていた。

また、番組視聴者からも大きな反響があり、「粗品が言ってるのは一般的な会社にも言えると思う」「これ普通のお店でもたまにあるよね…」「本人だけじゃなくて周りを萎縮させるよね」など、共感の声が多数あがっている。


■半数以上が怒鳴る人に違和感

人前で怒ることはもちろんだが、そもそも怒鳴る人が理解できないという人も少なくないよう。しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1,349名を対象に調査を実施したところ、「怒鳴る人に違和感を感じる」と回答したのは29.9%、「おかしいと思う」人は26.6%と、全体で56.5%の人が怒鳴る人が理解できないことが判明。

この結果を性年代別に見ると、全体的に女性の割合が高いことが判明した。

怒鳴る人

粗品の提案に共感の声が上がっていたように、感情的になって人を注意することはあまり効果的とは言えないのかもしれない。


・合わせて読みたい→粗品、『アメトーク』ひな壇から落ちるハプニング スタジオからは「危ない!」


(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

しらべぇ

「粗品」をもっと詳しく

「粗品」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ