『ハリポタ』スネイプ役アラン・リックマンが死去 “ハリー”ら弔意

1月15日(金)7時9分 Techinsight

アラン・リックマン、がんで逝去

写真を拡大


大ヒット映画『ハリー・ポッター』シリーズでスネイプ先生を演じた英俳優アラン・リックマンが逝去した。69歳での死に、ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフらも大きなショックを受けている。

現地時間14日、アラン・リックマンの家族がこのように発表した。

「俳優・監督のアラン・リックマンが、がんのため69歳で死去しました。家族と友達に見守られていました。」

その死を受け、“ハリー・ポッター”ことダニエル・ラドクリフはGoogle Plusにこう書き込んだ。

「アラン・リックマンは、最高の俳優のひとりでした。また映画界において、僕が出会った中で最も協力的な方でもありました。彼はセットでも、また『ハリポタ』シリーズ終了後も僕を励ましてくださいました。」
「僕のロンドン、そしてNYのステージも、全て観てくださったと思います。」
「アランはとても優しく寛大でした。」
「俳優としても、僕を子供というより仲間として扱ってくださいました。成長期に彼と働けたことは大きな意味がありましたし、今後の俳優生活でも彼からの教えは忘れないでしょう。」

また原作者のJ・K・ローリングは「彼が亡くなったとうかがいました。ショックと悲しみは言葉では言い表せません」「見事な俳優であり、素晴らしい男性でした」とツイート。“ハーマイオニー・グレンジャー”ことエマ・ワトソンも、Facebookにこう記している。

「今日、アランの死を知りとても悲しいです。あんなに素晴らしい男性、そして俳優である彼と時間を共有し共演でき、本当に幸運だったと思います。あなたと話ができなくなるなんて、本当に寂しい。アラン、安らかにお休みください。私達はあなたを愛しています。」
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

死去をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ