ロバート・デ・ニーロら豪華俳優陣、クリスチャン・ベールやラミ・マレックら共演作に出演決定 ─ オールスター映画に

1月15日(金)11時52分 THE RIVER

新たなオールスター映画の誕生だ。

『世界にひとつのプレイブック』(2012)『アメリカン・ハッスル』(2013)などで知られるデヴィッド・O・ラッセルが脚本・監督を務めるタイトル未定の新作映画に、名優ロバート・デ・ニーロ、『オースティン・パワーズ』シリーズのマイク・マイヤーズ、「マンダロリアン」ティモシー・オリファント、『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)マイケル・シャノン、『マダガスカル』クリス・ロック、「クイーンズ・ギャンビット」アニャ・テイラー=ジョイ、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)アンドレア・ライズボロー、『名もなき生涯』(2019)マティアス・スーナールツ、『フェイス/オフ』(1997)アレッサンドロ・ニヴォラが出演することがわかった。

本作は既に『フォードvsフェラーリ』(2019)クリスチャン・ベール、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019マーゴット・ロビー、『TENET テネット』(2020)ジョン・デイビッド・ワシントンの出演が伝えられており、本報道の前日には『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)ラミ・マレックと『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのゾーイ・サルダナの追加出演が伝えられたばかり。新旧の有名俳優が集結した注目作となりそうだ。

撮影自体はロサンゼルスで進行中。撮影監督は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015)のエマニュエル・ルベツキ。製作はニュー・リージェンシー、配給は20世紀スタジオが担当する。プロデューサーには『デトロイト』(2017)や『アメリカン・ハッスル』を手掛けるマシュー・バドマンが就任している。

THE RIVER

「俳優」をもっと詳しく

「俳優」のニュース

「俳優」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ