『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』宇宙進出のウワサにヴィン・ディーゼルが回答

1月15日(金)8時0分 THE RIVER

世界中で愛される人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』で囁かれてきた“宇宙進出”の噂について、主演・製作を務めるヴィン・ディーゼルが言及した。

実現すればシリーズ初となる宇宙進出は、以前からファンの注目を集めていた話題であった。発端は2020年7月、本シリーズでテズ・パーカーを演じるクリス・“リュダクリス”・ブリッジスの発言だ。インタビュアーとの何気ない会話にて、宇宙行きについて訊かれたリュダクリスは否定も肯定もせず、「あなたはとても直感が冴えてますね」と返答したのだ。後に、レティ役のミシェル・ロドリゲスが同様の質問を受けると、これまた首を横に振らず、明言が避けられたままとなっている。

つまり、本シリーズの宇宙進出についてははっきりと否定されていないのが現状なのだ。メインキャストの2人が答えられないこの質問について、プロデューサーを兼任しているディーゼルは、どう答えるのか?米Entertainment Weeklyのインタビューにて、宇宙進出の可能性について訊かれたディーゼルは「ここではネタバレ厳禁です」ときっぱり一言。しかし、やはり否定はしていない。そのままディーゼルは、第6作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)ぶりの監督復帰を本作で果たすジャスティン・リンの名を挙げている。

「ジャスティンは、頭を柔らかくして考えられる監督のひとりです。彼ならやりかねないでしょうし、物語に織り交ぜるのに妥当なものであれば何でも徹底的に行うでしょうね。」

こう語るディーゼルだが、本作の製作はすでに大部分が完了しているので、宇宙進出の真相は知っているはず。発言の通り“ネタバレ厳禁”なのだろう。とはいえ、第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)で死亡したと思われていたハン(サン・カン)の復活を実現させることになる『ジェットブレイク』だ。宇宙進出を含めて、製作側が未だ公にしていないビッグ・サプライズが隠されているのかもしれない。

Source:Entertainment Weekly

THE RIVER

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ