“競輪芸人”どりあんずが好成績! 勝負をかけた最終レースでまさかの落車も「夢を見させてもらいました」/ミッドナイト競輪

1月16日(木)15時6分 AbemaTIMES

 お笑いコンビ・どりあんず(堤太輝・平井俊輔)がグラビアアイドルの西原愛夏と、Abema競輪チャンネルの『WinTicket ミッドナイト競輪奈良 F2 最終日 e-SHINBUN杯』の生放送に登場。回収率100%超えを達成し、最終レースでも見せ場を作って視聴者を沸かせた。

 どりあんずの2人は昨年末の登場時に回収率145%を達成し、10万ポイント目前の状態で新年最初の放送に臨む。e-SHINBUN杯の初日と2日目を家で見ていたという平井は「2日間見てましたけど、なかなか当たらない。意外と(最後の直線が)短い分ね」と、少々弱気だったが「目標は10万ポイント」と意気込んで臨んだ。

 すると第1レースでは平井の予想通りの展開で3連単を的中させる。さらに1000ポイント分を購入していた車券は40.9倍とオッズが高く、この結果だけで合計は11万6511ポイントとなり早くも目標を達成してしまう。

 すると平井は「僕はこのAbemaに出て夢があるんですよ。1レース目から7レース目まで全部(的中を示す)花をつけたい。これが夢」と次は全レース的中を目指すが、第2レースを外してしまい、こちらは達成できず。

 それでも第3レースでは12倍の3連単、第6レースでは34.9倍の3連単を的中させるなど、大きな当たりが続き、合計で13万4796ポイントと大きくプラスとなる。

 しかし視聴者のコメントでは「どりあんず 減らさない買い方 ショボすぎ!」と厳しい突っ込みが寄せられており、これに反応した平井は「最終レースで10万ポイント使うから」と豪語。しかし相方の堤は「(購入車券額を)10万にしたら、僕の(ポイント)も入ってるからビンタですね。『また呼ばれるだろう』って」と冷静に平井を嗜める。

 さらに堤は「次回呼ばれることもあるから、3万ポイントはいいんじゃない?」と妥協案を提示するが、平井は「そんな中途半端なポイントはいかないよ」と2-5-6、5-2-6の3連単2点に合計で4万ポイントの大勝負に出た。これには視聴者のコメント欄も「がんばったよそれ」、「マジかw」、「かっこいいで」と大盛り上がりとなる。

 注目の最終レースだったが、バックストレートでまさかの2番、3番、4番が落車してしまい「あぁ。嘘や」と平井。まさかの展開で4万ポイントが消えてしまった。

 一瞬で4万ポイントが消えてしまったことで堤は「マネージャーに営業入れてもらうから」と現実に引き戻されてしまう。平井も「4万ポイント買ったのにすみません。でも夢を見させてもらいました。またいつか頑張ります」と前を向いた。

 結局、どりあんずの2人は7レース中3レースを的中させ、8万1431ポイントから9万4796ポイントに増やして回収率は116%と、昨年末に引き続き好成績を残した。
AbemaTV/「WinTicket ミッドナイト競輪」より)
 

▶スマホでかんたん!競輪の投票するなら「WinTicket」

AbemaTIMES

「競輪」をもっと詳しく

「競輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ