篠原涼子、「ハケンの品格」パート2の大コケが許されないワケ

1月16日(木)10時0分 アサ芸Biz

篠原涼子

写真を拡大

 1月9日発売の「週刊文春」が、春からのテレビドラマ情報を掲載した。4月クールは、人気ドラマの続編モノが集中しているという。

「記事によると、4月からは各局が続編ドラマを予定しており、テレビ朝日は木村拓哉主演『BG〜身辺警護人〜』、TBSは堺雅人主演『半沢直樹』、フジテレビは織田裕二主演『SUITS』のパート2を放送するのだとか。近年、ドラマ界は視聴率が落ち込んでいるため、安定した数字の取れそうな企画が通りやすいのでしょう」(テレビ誌記者)

 一方、日本テレビは、07年に放送され、平均視聴率20%を記録した人気ドラマ「ハケンの品格」の続編を4月から放送するようだ。同ドラマで主演を務めたのは篠原涼子だが、昨今、結果を残せていないという。

「篠原といえば、06年からシリーズ化されたドラマ『アンフェア』(フジテレビ系)をヒットさせたものの、近年の作品は視聴率が伸び悩んでいます。15年に主演した『オトナ女子』(フジテレビ系)は視聴率1ケタを連発し、17年の月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』に至っては最終回で4.6%という厳しい数字を記録しました。また、昨年公開された映画『今日も嫌がらせ弁当』も、映画ランキング初登場8位と微妙な結果に。そのため、もし今回の『ハケンの品格』までコケてしまったら、女優の1番手から降格してしまう可能性もあるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 13年ぶりの復活となる「ハケンの品格」。ぜひ今作で、篠原の完全復活を期待したい。

アサ芸Biz

「ハケンの品格」をもっと詳しく

「ハケンの品格」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ