木村拓哉が見せた“エアホッケー独断プレー”よりヒドイ赤っ恥ポーズとは?

1月16日(月)9時58分 アサ芸プラス

 1月9日に放送された「関口宏の東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!!」(TBS系)で見せた、木村拓哉のエアホッケーでのワンマンプレーに批判の声が上がっている。「マツケンを押しのけてまで目立とうとして観ているこっちが恥ずかしくなった」という声も少なくない。だが、この放送には、それよりもみっともないキムタクの行動があると指摘されている。

「それはエアホッケーで得点を決めた後にキムタクが見せたポーズです。腕を左右に開いてガッツポーズをしたのですが、これはレアル・マドリード所属のクリスティアーノ・ロナウドがゴールを決めた後にする、通称『クリロナポーズ』。つまりキムタクはクリロナの真似をしたわけですが、それが視聴者には“恥ずかしいこと”とされたようです」(テレビ誌ライター)

 SNSでは「クリロナ気取りのキムタクみっともない」「俺、クリスティアーノ・ロナウドのことよく知ってるぜとアピールしたいのかな」「たかがエアホッケーでクリロナポーズ(笑)」と辛辣な意見が並ぶ。

「キムタクもどうせやるならもっとしっかりやればよかったのに、中途半端にポーズを決めたので絶好のツッコミ所になってしまいました。クリロナポーズを知っているサッカーファンにしかわからないのでそれほど話題にはなっていないのが、キムタクにとってはせめてもの幸いでしょう」(週刊誌記者)

 いっそのことカズダンスを踊ったほうがウケはよかったかもしれない。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

木村拓哉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ