年齢、グループを超えて意気投合?加藤シゲアキと丸山隆平の不思議な交友

1月16日(月)17時58分 アサ芸プラス

 1月12日からスタートした、5年ぶりの香里奈主演連続ドラマ「嫌われる勇気」(フジテレビ系)。なかでもジャニーズファンの注目は、NEWSの加藤シゲアキの活躍だろう。

 加藤といえばNEWSのメンバーとして活躍するほか、2012年に「ピンクとグレー」で小説家デビューを果たしているのは承知の通りだが、そんななか、初回放送の12日に番宣を兼ねて「VS嵐」(フジテレビ)にゲスト出演した加藤は、共演の小島瑠璃子からある出来事を伝えられたという。

「小島は土曜朝の情報番組『サタデープラス』(MBS/TBS系)で関ジャニ∞の丸山隆平と共演しているのですが、そこで丸山から『これ読んで』と加藤の書いた小説「ピンクとグレー」、「傘を持たない蟻たちは」をもらったことを話したんです。加藤のいないところで、丸山がいろいろな人に加藤の本を配っているということを、小島は加藤に知らせたかったというんです」(エンタメ誌ライター)

 すると加藤は、実は小島のほか、別の人たちからも同様の話を聞いていることを明かした。そのため加藤は丸山に「配ってくれているのであれば、あげます」と言ったのだが、丸山は「印税に貢献したいから自腹で買うからいい」と断られたエピソードを披露したのだった。

「加藤と丸山は年齢もグループも出身も違いますが、非常に仲が良く、今でも雑誌『Myojo』の連載ページで、二人で京都に行ったり食べ歩きをしたりする様子が報告されています。そもそも二人が仲良くなったのは、09年のラジオ『レコメン』に村上の代わりに二人でパーソナリティーをしたことがきっかけ。『エヴァンゲリオン好き』という共通の趣味ですっかり意気投合し、親交が深まったようです」(前出・エンタメ誌ライター)

 今では、所属グループのメンバーよりも一緒に出掛けることが多いというこの二人。きっと「エヴァンゲリオン」だけでなく、考え方や波長も合うのだろう。

 上下関係が厳しいジャニーズの中で、加藤と丸山は実に珍しい関係といえそうだ。

(琴葉)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

加藤シゲアキをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ