木村拓哉アンチのボイコット運動の影響か?「A LIFE」期待はずれの発進に関係者困惑

1月16日(月)17時58分 アサ芸プラス

 木村拓哉主演ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」(TBS系)が1月15日スタートし、平均視聴率は14.2%だった。共演者には竹内結子、浅野忠信、松山ケンイチ、木村文乃、及川光博ら主役級の俳優陣で脇を固めた作品にしては、若干“期待外れ”の発進となった。

「制作サイドも、予想より低い視聴率にガッカリ感は否めませんでした。最低でも15%はいくと思っていましたからね。主演の木村もこれまでになく番宣に協力的で、TBSの主な番組に出演してくれました。それなのにこの数字。局内では“アンチキムタクが思いのほか多いのでは”と言われています」(TBS関係者)

 確かに、ネット上ではドラマが始まる前から「裏切者が主演だから見ない」「このドラマ、キムタク抜きなら本当に良さそう」「キムタクのドラマはみない」などの意見が多数寄せられ、ボイコット運動が広まっていたのは事実だ。

 では、ドラマを観た視聴者の意見はというと「今までのドラマの寄せ集めみたいな感じがする。脚本にオリジナリティ、新しさが感じられない」「日曜9時のTBSの高視聴率枠で、しかも極寒の影響で在宅率も高い中、番宣しまくってこの数字は厳しい」など辛辣だ。

“初動に強く、回を重ねるごとに視聴率が下降する”と言われるキムタクドラマだが、はたして今作はどうなるのか?

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

木村拓哉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ