清水富美加が掲げた「今年の目標」の“投げやり感”がスゴすぎる!

1月16日(火)9時59分 アサ芸プラス

 千眼美子の名前で芸能活動を続けている清水富美加が、自身のインスタグラムで今年の目標を発表した。清水が所属事務所を一方的に辞め、改名してデビューしたのは去年のこと。千眼美子となってから初めての新年ということで、目標もさぞ力の入ったものになると期待されたが、実際はかなりガッカリな内容だ。目標は何と「今年は『わさび』を食べられるようになります」だというのだ。

「わざわざ筆書きで新年の挨拶と目標を発表したのですが、投げやりに書いたのではないかと思われる雑な富士山と犬のイラストがあったりと、かなりふざけた内容です。目標がわさびを食べられるようになるというのも、彼女なりのジョークなのでしょうが、いくら何でも不真面目すぎると批判の声が上がっています」(週刊誌記者)

 ファンを裏切って一方的に今の活動をスタートさせただけに、新年ぐらいきちんと挨拶すべきとの意見も少なくない。一方で「彼女らしい」という声もなくはないのだが。

「彼女は知っての通りの“不思議ちゃん”ですが、今回はさすがに『迷走しているのではないか』という指摘も出ています。改名以降、かつてのような芸能活動はできないままですから、本人も自分の立ち位置を見失い、そのキャラも迷走していく懸念は常にありますね」(スポーツ紙芸能記者)

 2018年、千眼美子はどこへ向かうのか。

アサ芸プラス

「清水富美加」をもっと詳しく

「清水富美加」のニュース

BIGLOBE
トップへ