浅野ゆう子と一般男性との「熟年結婚」が祝福される本当の理由

1月16日(火)7時15分 アサジョ

 昨年末に結婚していたことが明らかになった浅野ゆう子。57歳で初婚となった浅野に、芸能界からも世間からも祝福の声があがっている。

 浅野は07年から交際していた俳優の田宮五郎が12年にくも膜下出血を発症してから、田宮が俳優復帰するために全面サポート。自身の仕事より田宮との時間を優先していたが、14年11月に田宮が病気再発。浅野に看取られ帰らぬ人となった。さらに昨年6月には、浅野にとって親友であり芸能界での母ともいわれる野際陽子が肺腺がんで逝去。そんな浅野を心配する人が、芸能界にはたくさんいたという。

「中でも小林幸子は田宮が亡くなった際に、浅野が田宮との結婚を考えていたこと、田宮が母親や兄と確執があったため、浅野が田宮の治療費を出していたことを明かしていました。そんな背景を知っていた浅野の実母も、他界するまで田宮との結婚に反対していました。生真面目な性格で知られている浅野が今回結婚したことは、周囲の人間もホッとさせたようです」(女性誌記者)

「トレンディドラマ」というジャンルを確立させ、浅野温子とともに「W浅野」として世の女性の憧れの的だった浅野。その裏にあった苦労を乗り越えての熟年結婚なのだから、誰もが祝福せずにはいられないのも当然だろう。

アサジョ

「浅野ゆう子」をもっと詳しく

「浅野ゆう子」のニュース

BIGLOBE
トップへ