浦和学院・立教大で全国制覇 山根佑太が選んだ「プロより大企業より、ワクワクする方へ」

1月16日(火)11時0分 文春オンライン

「野球のない生活は新鮮です」


 2017年の年の瀬に会った山根佑太の表情はとても晴れやかなものだった。


 高校野球ファンならご存知の方も多いだろうが、彼は2013年春のセンバツ甲子園で優勝を成し遂げた浦和学院の主将だ。立教大でも強打の外野手として、昨春に59年ぶりとなる大学日本一に大きく貢献した。


 だがシーズン終了後に野球部から発表された彼の進路には「カラダツクル」の文字があった。耳馴染みのない小さな会社である。大学時代に中心選手として活躍しながらも野球を継続しない選手もいるにはいるが、大手企業でもなく海外留学でもなく、この道に進むのはなぜなのか。



立教大で59年ぶりとなる大学日本一に大きく貢献した山根佑太 ©高木遊


甲子園制すも「プロは無理かな」


 広島県広島市の出身。言わずとしれた広島東洋カープの本拠地であり、当然ながら野球が盛んで、バットとボールを握るようになったのは幼少期。父がコーチをし、3歳上の兄も所属していた青崎小学校のソフトボールクラブの練習に保育園の帰り道に寄っていた。小学6年になると中軸打者兼エースとして全国大会で優勝。地域の精鋭を集めた選抜チームも出場する中、普通の小学校の単体チームで優勝を果たした。


 中学時代は、隣のマンションに助監督が住んでいた縁もあって中学硬式野球クラブの『ヤングひろしま』に入団。強豪として名を馳せるチームからも誘われたが、「練習の雰囲気が楽しそうだから」と先輩たちが2学年で12人しかいないチームに進んだ。それでも山根とともにソフトボール日本一に輝いたメンバーたちも同チームに進んだこともあり、夏にはヤングリーグの全国大会で準優勝。他の中学硬式野球連盟の強豪と「中学硬式野球日本一」を争うジャイアンツカップでも8強入りを果たした。


 高校はわざわざ広島までスカウトに出向いてくれた森士監督が率いる浦和学院に進学。練習の量や質は格段に厳しくはなったが、上下関係は厳しくなく「上級生が率先して動く」というモットーで充実した日々を送った。そして13年の春に日本一を達成。一方で、森友哉(大阪桐蔭→西武)を見て、「自分にはメチャクチャ何かがすごいというモノが無い。プロは無理かな」と悟ったという。



不振時に見つけた新たなやりがい


 華やかな高校時代とは一転、立教大では苦しいシーズンが続いた。東京六大学リーグで3年秋までに放った安打はわずか2本。左肩の手術もあったが「打とう打とうとしすぎて起伏が激しかったですね」と振り返る。3年の秋を終えて「野球は大学まで」と決めた。


 一方で“打たなきゃ社会人で野球ができない”というような気持ちもなく、「打たなくてもいいやと思えたことが良かった」と振り返るように、4年春についにレギュラーを掴むと、後に楽天からドラフト2位指名を受ける岩見雅紀(慶応義塾大)の5本塁打に次ぐリーグ2位タイの4本塁打を放ち35季ぶりのリーグ制覇に貢献。全日本大学野球選手権でも準々決勝で本塁打、決勝戦で同点打を放つなど59年ぶりの優勝に大きく貢献した。


 当然、右打ちの強打者のもとには強豪社会人からも声がかかった。それは引退後の生活を考えても魅力的な大企業ではあったが、「野球をするつもりはないので」と断った。その時すでに山根は、野球選手よりも魅力的な仕事を見つけていた。


 4年時の大活躍には、オフシーズンでの効果的な取り組みも大きな要因だった。「体から変えていこう」と、これまで以上に栄養に興味を持って様々なことを調べた。そこで以前から使っていたカラダツクル株式会社のサプリメントの摂取を、トレーニングと計画的に組み合わせていき、目に見えて体が変わってきた。


 同社はサプリメントの販売、アスリートやチームのコンディション管理、栄養指導などを行う会社で、2016年に浦和学院の3学年先輩で当時24歳だった久保翔平が立ち上げた。


「正しいことを正しくやれば結果に直結したので、これ面白いなと思いました」と持ち前の好奇心をくすぐられた山根は久保に入社を直訴した。


 ただ久保は「来なくていいと何度も断ったんですけどね」と苦笑いする。自身は故障の影響で東洋大卒業とともに現役を退いたが、山根にはまだまだ活躍できる体と実力があった。


 山根が春に活躍を遂げてから久保は「いつでもこの仕事はできる」とも説得したが、それでも意思を曲げずに久保が根負けして入社を認めた。



これからはアスリートを支える立場に ©高木遊


無敵で素敵な人間になる


 入社するとはいっても、これまで久保が1人で会社を回してきただけに、給料は完全な「出来高制だ」。野球を辞め、そうそうたる大企業に入社する同期と比べるとリスクは大きい。それでも山根は「未来なんて分からないじゃないですか。ワクワクする方に進もうと思いました。死ぬかどうかまで行ったら、これでいいのか考えますけどね」と冗談めかして笑った。


 また「最後の試合も全然涙は出ず、いつも通り終わりました」と野球への未練も一切ない。現在は久保に付き、仕事を学んでいるが「この歳で社長と一緒に行動するなんて、普通の会社じゃできないですからね」と快活に話すように、その表情は無心にボールを追いかける野球少年のようだ。


 座右の銘は、とある社長のセミナーで聞いた「敵を作らず、無敵で素敵な人間になる」というもの。「誰からも応援してもらえるように。スポーツ界に良い影響を与えられるようになりたいですね」と話す。


 そして野球で得たものは、とてつもなく多い。人との繋がりや礼儀・挨拶はもちろんのこと、「日本一」を小・高・大と3回も成し遂げた経験も今後の山根を支えていく。


「何か分からないけど、違う分野でもイケるかなって自信はあります(笑)。目標設定よりも、“どうやったら頑張れるか”“何でそれをやりたいのか”と目的設定を大事にして行きたいですね。これからも」


 日本一については「いつもチームメートに恵まれたんですよ」と謙遜する。だが、その中心に太陽のように明るい山根がいたことが、他の選手の才能を開花させたようにも思える。


 これからはアスリートを支える側に回るだけに、その稀有な才能がさらに発揮されそうだ。


◆ ◆ ◆


※「文春野球コラム ウィンターリーグ2017」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/5872 でHITボタンを押してください。





(高木 遊)

文春オンライン

「浦和学院」をもっと詳しく

「浦和学院」のニュース

BIGLOBE
トップへ