BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

マーティン・スコセッシ監督、日本文化に敬意 最新作『沈黙』は「巡礼」

シネマカフェ1月16日(月)17時18分
画像:マーティン・スコセッシ監督/『沈黙-サイレンス-』来日会見
写真を拡大
マーティン・スコセッシ監督/『沈黙-サイレンス-』来日会見
画像:マーティン・スコセッシ監督、日本文化に敬意 最新作『沈黙』は「巡礼」
写真を拡大
画像:マーティン・スコセッシ監督、日本文化に敬意 最新作『沈黙』は「巡礼」
写真を拡大
画像:マーティン・スコセッシ監督、日本文化に敬意 最新作『沈黙』は「巡礼」
写真を拡大
遠藤周作の「沈黙」を完全映画化した米映画界の巨匠、マーティン・スコセッシ監督が1月16日(月)、都内で来日記者会見を行い、日本公開を控える『沈黙−サイレンス−』について「日本文化への敬意を力の限り描いた“巡礼”のような作品」と静かな口調で熱弁した。

17世紀、若きポルトガル人宣教師のロドリゴとガルペは、キリスト教が禁じられた日本で“棄教”したとされる師の真相を確かめるようと来日。キチジローという日本人に案内され、長崎へとたどり着き、厳しいキリシタン弾圧を目の当たりにする。次々と命が失われるなか、ロドリゴらは極限の選択を迫られる…。

原作との出会いから28年を経て、念願の映画化が実現した一大プロジェクト。それだけに、「読んだ当時は、どう解釈し、映画として完成させるべきか答えが見つからずにいた。自分自身も信仰心を見失いかけていたからね。もっと深い探究をしないといけないと感じたし、この企画と付き合い続けることは、学びと試行錯誤の旅そのもの。完成はしたが、これで終わりとは思っていない。今後もこの映画とともに生きていくつもりだ」と思いは格別だ。

実際に、映画化への確かな自信を深めたのは『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002年公開)を撮り終えた頃だといい、「長年、映画化権を持ち続けたせいで、イタリアの権利者から訴えられたり苦労もあったけど、当時再婚をし、子どもを授かったことで自分の中にも大きな変化が生まれ、(映画化の)可能性がグッと広がったんだ」とふり返った。

「信じること、疑うことを包括的に描いた作品だ」とスコセッシ監督。激動の時代に本作が公開される意義については、「人間すべてが強くある必要はない。世の中には弱者や、“はじかれてしまった”人たちが必ずいるもの。皆が一個人として、彼らのことを知ることが大切だし、技術が進歩し物質的な価値ばかりが重んじられる現代だからこそ、『何かを信じたい』という普遍的な思いを真剣に考えるべき時期だと思う」と力強いメッセージをおくった。

本作は主演にアンドリュー・ガーフィールドを迎え、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソンらハリウッドの人気俳優に加えて、日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派が名を連ねる。

『沈黙−サイレンス−』は1月21日(土)より全国にて公開。
Copyright (c) 2017 IID, Inc. All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
「ええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者」 アニメ監督・山本寛氏の主張がまたも炎上 J-CASTニュース9月24日(日)16時41分
「らき☆すた」「フラクタル」などの作品で知られるアニメ監督の山本寛(ゆたか)さん(43)が投稿したツイートが、ネットユーザーの間で炎上騒ぎ…[ 記事全文 ]
“ユーチューバー草なぎ”に早くも熱視線 「楽しみすぎる!」とSNSで熱い話題に オリコン9月24日(日)15時9分
ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)が、11月2日からSNSを開始することが決定した。[ 記事全文 ]
嵐・二宮和也が明かした自分に一生付いて回る「根深い悩み」とは? アサ芸プラス9月24日(日)9時58分
9月17日放送のラジオ番組「BAYSTORM」(bayfm)で、MCの二宮和也が長年の悩みについて熱く語った。[ 記事全文 ]
元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋> モデルプレス9月23日(土)10時0分
【歌恋/モデルプレス=9月23日】2009年に女子高生演歌歌手としてメジャーデビューした歌恋(24)が、23日の放送の「有吉反省会」(毎週…[ 記事全文 ]
実は「653万部号」は売り損じだった? 元ジャンプ編集長が語る“巨大漫画誌”の影響力 オリコン9月24日(日)8時40分
人気漫画『北斗の拳』(原作:武論尊/漫画:原哲夫)や『シティハンター』(北条司)を担当し、週刊少年ジャンプの歴代最高部数653万部を記録し…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 嵐・二宮和也が明かした自分に一生付いて回る「根深い悩み」とは?アサ芸プラス9月24日(日)9時58分
2 「ええ歳こいてアニメ観てるような人間は障害者」 アニメ監督・山本寛氏の主張がまたも炎上J-CASTニュース9月24日(日)16時41分
3 “ユーチューバー草なぎ”に早くも熱視線 「楽しみすぎる!」とSNSで熱い話題にオリコン9月24日(日)15時9分
4 元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋>モデルプレス9月23日(土)10時0分
5 「おっぱいが完全に綱手」 叶美香、『NARUTO』の綱手様コスが“本物”でしかないねとらぼ9月24日(日)16時5分
6 安室奈美恵はなぜ“伝説”となった?過去発言にみるその理由女性自身9月24日(日)15時0分
7 実は「653万部号」は売り損じだった? 元ジャンプ編集長が語る“巨大漫画誌”の影響力オリコン9月24日(日)8時40分
8 吉良吉影が見られない!?山崎賢人「ジョジョ」映画版が大コケで続編は絶望的!アサ芸プラス9月23日(土)17時59分
9 松本人志、引退発表の安室奈美恵の心境察する「自分を許せなくなるのが嫌になったのでは…」オリコン9月24日(日)10時24分
10 村野武範、ステージ4のがん告白「3カ所に転移」日刊スポーツ9月24日(日)7時37分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア